【台湾8日目 筍とタンデム】

DSC01755.jpg
この日は金曜日。
土日はワークショップを4回やる予定だったので、
仕込みに必死でした。
朝はいつも通りに朝市へ出かけ、
果物やお野菜を大量に買い込み、
食材とオーブン1台を担いで会場となる意思意思へ。
ちなみに意思意思は
ブランド店が立ち並ぶおしゃれタウン中山にあります。
東京でも、台北でも、
私はダンボールを担いでおしゃれタウンを歩く宿命らしい。
そして意思意思のキッチンで
筍をゆでようとしたら、お鍋のサイズが足りず、
1枚目の写真の様になりました。
ここで気になったのが、筍の品種。
台湾でメジャーなのは緑竹筍。
日本のものより皮が薄くて、柔らかい触感です。
写真の様にいつも通り茹でていたら、
「こっちでは皮をむいて茹でるのよ」
と意思意思オーナーのNanaが教えてくれました。
それから筍を煮て、
夕方にワークショップを手伝ってくれる
Ellaとなっちゃんが来てくれて、
リハーサル。
実はこの時、
予想だにしないハプニングが起きて、
3人とも不安でいっぱいでした。
その後の私がこちら。
DSC01786.jpg
なっちゃんの原チャの後ろに乗って楽しむの巻。
ちなみに写真を撮ってくれたのは、
併走していたなっちゃんの彼。
追加の買い出しに連れて行ってもらったのですが、
思ったよりも怖くありませんでした。
危険は付き物なので、
旅行者におすすめはできないけどね。
東京で相棒の1000ccの後ろにまたがっている時よりも、
恐怖心が薄かったのは気のせいだろうか。
図らずして、台湾バイクデビューの夜になりましたとさ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク