【素直な猫たち】

写真は猫部屋にあるIKEAのカラーボックスで寝るちーちゃん。
彼女は野良気質が抜けないので、音がすると起きてしまいますが、以前よりはリラックスしてくれるようになりました。
そして避妊手術を終えてから、ダイエットに励んでおります。
私や相棒が彼女たちのご飯場所に行くとソワソワした顔でやってきて、
「あれー?ご飯だと思ったんだけど。」
とキョトンとした顔で人間を見てきますが、人間たちは健康のために心を鬼にして我慢しています。
まだまだ大きめサイズですが、一歩づつ健康体に近づいているはず。
お互い中年太りは阻止しないとね。

そして最近のメンズはこちら。

警戒心なしで伸びきっています。

写真左側ののりつんは1歳を過ぎ、体の成長もそろそろ終了。
リクオさんと同じくらいのサイズになりましたが、
どこか女子っぽさを感じさせる仕上がりになっています。
もっちりした大福みたいな男子です。

右側のリクオさんは自然と少し痩せてシュッとしてきました。
彼は骨格がしっかりとしているので、痩せて雄々しさが際立っています。

そんな猫たち、寒い日や暑い日には顕著に動きが緩慢になります。
緩慢になって何をしているのかというと、ひたすら寝るのみ。
寝て、寝て、寝て、寝ています。
ふと立ち上がり、起きたのかと思いきや、少し体勢を変えて再び寝始めます。
昔から音に過敏で眠りが浅い私は彼らのことがとても羨ましい。

そして私がキッチンに立ってご飯の準備を始めると彼らは起きだし、
ご飯を食べて、トイレに行って、少しパトロールをして、かけっこをして遊んで、また夢の中へ。

彼らと見ていると
「飽きないのかな?」
と思います。
でももしかしたら、私たちが刺激や変化を求めすぎなのかもね。
眠いから寝る、遊びたいから走り回る、お腹が空いたからご飯を食べる。
常に今の自分に正直に生きている彼らから学んだ、5月の教訓です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク