【猫たちの熱中症対策】

写真はある日のソファにて撮ったもの。
暑さにやられて猫たちが伸びきって寝ています。
近くで見るとこんな感じ。

ミケは顎に手を添えて、何かを考えているようなポージング。

猫は毛皮と纏っていることもあり、暑さには弱めで脱水症状にも要注意です。
クーラーをガンガンにつけてもいいのだけど、人間同様寒暖の差が大きいと体に負担んがかかりそう。
そこで我が家で実際にやっている簡単な熱中症対策をご紹介。

猫たちの熱中症対策

1、体を拭く

タオルを水で濡らし、子猫たちを拭きます。
すると暑さで息が上がっていた子も数分で息が落ち着いてくるほど効果あり。
気化熱の威力ってすごい!

2、煮汁を飲ませる

猫って結構気まぐれ。
食事もあまり取らない日があったと思ったら、翌日にはこれでもかというくらい食べていたりします。
それは水の飲み具合も同じ。
冬場ならそこまで気にすることもないだろうけど、夏の暑い日は水を飲まないと体調を崩しかねません。
そこで水の飲み具合が悪いなと思ったら、
お魚かお肉を茹でた汁を冷まして目の前に差し出します。
すると目の色を変えてゴクゴクと飲みだす猫たち。

茹でたお魚やお肉はもちろん人間が食べてもいいし、猫たちのご飯にしてもOKです。

3、酷暑の時は除湿をかけたお部屋に入れる

写真はリビングのソファ。
この部屋はハイパワーのDAIKINエアコンが付いています。
除湿は湿度の指定までできて、あっという間に室内環境が整うという優れもの。

そこで冷房はかけず、除湿のみをかけ、さらにお勝手口の窓を少し開けておくと、冷えすぎず、空気の悪さも気にならず、快適な環境になります。

猫たちは小さな子供同様に、調子の悪さを言葉で伝えられないので、
人間が良く見て、不調に気づいてあげないといけない。
今までペットを飼った事もなけりゃ、小さな子供がいる環境にもいなかったので、
これがとても新鮮。

まだまだ夏は長いけど、みんな体調を崩さず元気で入られますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク