【イベント出店の荷物】

language:
スポンサーリンク

1909928_1055760347815235_6374047494052840422_n

手創り市などのイベント出展者の多くは荷物を車で搬入しています。
おかげで近隣のパーキングはパンパンらしい。
カサのある商品の場合は車がないと無理ですが、
私は電車に揺られて、手荷物搬入です。
「どうやって運んでるんですか?」
と聞かれることも多いので、ちょっと公開。

1枚目の写真は現在使っている
5日分の旅に使うサイズのスーツケース。
中に詰めるお菓子の重量があるので、軽いソフトタイプにしました。

そして開けるとこんな感じ。

DSC04000

上から見ると少ない様に見えますが、
2〜3層にお菓子が入っています。
下になる方に重くて固めのお菓子、
上になる方に軽くて脆いお菓子を詰めています。

春や秋〜12月の繁忙期になると、これに収まりきらない量になるので、
その時は段ボールに入れて、別途担いで行くのですね。

そしてまだスーツケースに余裕がある様に見えますが、
お菓子だけでなく、こんなものも持って行きます。

DSC04001

紙袋類、営業許可証、看板、ディスプレー用品、テーブルに敷く布類、お金類などなど。
この硬貨と布類が重いんだな。
これをスーツケースの隙間に詰めていきます。
隙間が空いてしまうと、運んでいる間に荷物が崩れてお菓子が割れたり変形する恐れがあるので、
ピッチリ詰めるのがポイント。

そして忘れちゃいけないのがこれ。

DSC04002

アウトドア用のLOGOSのロール式テーブル。
太陽のマルシェなど什器を用意してくださるイベントもありますが、
基本は出展者が持ち込みます。
重さは5kg。
私はリュックの様なひもを縫い付けて背負っていきます。

全部でどのくらいの重さかというと、約25kg。
重量カットのために布の素材を変えたり、工夫しても25kgの壁は越えられませんでした。
電車移動だとスーツケースを持ち上げなくてはいけない時もあり、
少しの段差にも敏感になってしまいます。

「なんで体重の半分以上もある荷物抱えて出店しに行ってるんだ。」
と思う方が多いと思いますが、
その苦労以上の楽しさと充実感が得られるのですよ。
何回でても、毎度新鮮な喜びを感じられるからやめられないな。

4年前、私が出店しようと思った時に
「出店時の荷物についてブログに書いてくれてる人はいないかな。」
とネットで探しても出てこなかったし、
もし出店を検討している方の参考になれば、これ幸い!

スポンサーリンク