【植物市で可憐なお花を手にいれる】

language:
スポンサーリンク

1月末、湘南グリーンサービスさんの植物市に行って来ました。
カフェを貸し切った、多肉や珍しい植物の販売会です。

店内はこんな感じ。

実は湘南グリーンサービスのお一人は、会社員時代の先輩です。
何度もお菓子のオーダーをしてくれていて、
今回のイベントでも店内で食べるお菓子として、つくりてのお菓子をオーダーしてくださりました。

今回のお菓子の一つはこちら。

バラあんと抹茶のマフィン。

そしてこちらもお花を使った1品。

ハイビスカスとココアのパウンドケーキ。

お花を使ったお菓子は見た目にも美しいので、作っている私自身もワクワクしてきます。

そして、その先輩が作ったコケリウムはこちら。

コケリウムを眺めながらお酒を飲むと美味しいらしい。
なんて女子力が高いんだ!

ちなみにまた開催するかもということなので、
気になる方はこちらをご覧ください。

この日は偶然、会社員時代の違う先輩とお会いしたり、
売約済の札には、これまた違う先輩の名前が書いてあったり、
ちょっと昔を思い出す時間でした。
相棒と出会った会社でもあるので、ちょっと感慨深いものもあり。

その後打ち合わせがあったので早々に失礼させていただいたのですが、
うちに連れて帰ったのがこちら。

ホンコンシュスラン。
茎が細くて長く、葉脈は日の光を浴びるとキラキラ光るので、ジュエルオーキッドとも言うらしい。

最近、こういう繊細で可憐な印象のものに惹かれます。
少し前までは生命力を感じるような、強そうな物に惹かれていたので、私の中で何か変化があったようです。

今年のテーマ、
「流れに逆らわず、身を委ねる。」
これが私にはとても難しいのですが、こういう小さなところから始めようと思います。

スポンサーリンク