【補修して使い続けること】

DSC09265.jpg

ある日の午後、ポカッと時間ができました。
そこで、後回しにしていた事を順番にやっていくの巻。

まずはミシンを取り出してきて2人分の枕カバーを縫い、
端っこがほつれていたタオルケットを補修し、
これまたほつれていた自作のお財布を補修し、
家の片付けをして終了。
ずっと気になっていた事がすっきりして、
少し晴れ晴れした気持ちです。

近年、ホームセンターなどに行くと、
枕カバーやタオルケットがものすごく安い値段で売られています。
補修したり、生地から縫ったりする手間や時間を考えると、
買った方が効率的なんだろうけど、
どうも買う気になれません。
デザインうんぬんとか、そういう問題じゃなくて、
自分で作った物のほうが愛着が湧くし、
「出来たぞー!」
という満足感を得たい気持ちが強いから。
お財布は数年前に作った革のものを使っているのですが、
これまたかなり年季が入っています。
そろそろ変え時かなとも思うけど、
お財布が作れると知ってしまった以上、
どうも買う気にはなれないし、
新しく作るには根気が足りないので、
補修して使い続けています。

こうして補修ばかりしていると、
新しいものを買う必要性がなくなって、
製造業に貢献できていないサイクルが出来上がってしまいます。
一方で、環境負荷を考えるといい事なのかしら。
こんな事を考えていたら、
頭の中がグルグルしてしまったので、お散歩をしたのでした。
お散歩サイコー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク