【コンテンポラリーダンス】

language:
スポンサーリンク

DSC02540.jpg
この日は
仕事を朝に済ませて、
台湾のカフェオーナーを通じて知り合った友人と横浜へ。
まずは何年ぶりに横浜を歩き、
喜久家洋菓子舗へ。
IMG_1472.jpg
over50sの男女が集う純喫茶みたいなお店。
ここの名物のラムボールは
ラム酒シロップに浸したパウンド生地の周りを
チョコレートでコーティングしたもの。
期待以上に美味しくて幸せに浸りました。
予想外の味もいいけど、
期待通りの味もいいものです。
それから小中高の同級生が出演する舞台へ。
バディ 横浜編
コンテンポラリーダンスは初体験です。
友人の計らいで前から2列目のど真ん中の席を用意してもらい、
恐縮、そしてちょっと緊張するの巻。
台詞はなく、音楽と人間の体で魅せる舞台。
「なりきること」
の凄さをひしひしと実感しました。
表情はもちろん、指先まで意識を使った動き。
そしてなにより
自信をもって、心から楽しんでいるのが伝わってきて、
自分の至らなさを実感するの巻。
やはり、そういう人の目の輝きは
人を惹きつけるのだね。
職種は全然違うけど、
自分に足りないものが明確になるの巻。
じゅりちゃん、
私にいい刺激を与えてくれてありがとう!
「やはり我が母校、桐朋はサイコー!」
と再認識した夜でした。

スポンサーリンク