【2月の鬼子母神手創り市】

language:
スポンサーリンク

とても遅くなってしまいましたが、
昨日は3月の鬼子母神手創り市でしたが、
今日は2月の鬼子母神手創り市のレポです。


この日はバレンタイン前ということで、チョコをサンドしたビスキュイ、
しいたけブラウニーなどチョコレートのお菓子を多めに持って行きました。

この時期は本当に寒くて、出展者も来場者も心が折れがち。
というわけで、朝一はゆるーりとスタートしました。

さすがに人出が良くないだろうと思ったものの、
常連さん、ブログを見てるとおっしゃる方、中高の同級生、今お休み中の出展仲間、知り合いの方などなど、
朝からたくさんの方と会えた1日でした。

会いたいと思っていた出展者さんとも友達になり、
私   「じゃあ○○さんって呼ぼうっと。」
相手「切り込んできますねぇ。」
私   「傷付いたり、引かれるような繊細な方には言わないから。」
と話したり。

今となっては、初めての人と話す事も慣れましたが、開業して2年くらいは迷う事も多かったように思います。
「相手はこういう答えが欲しいのかな?」
「この人は何を言いたいんだろう。」
など考えすぎて、いつもの自分とは違う対応をしたり。
期待に応えなきゃとか、お菓子屋つくりてはこうあるべきだとか、周りから見た私はこういう人のはずだとか、考えすぎて自分で自分を縛り付けていたなぁと。
自信がなかったのが要因だろうな。

今になってみると、等身大のそのままの自分でいるようになってからの方が
魅力的な方々に囲まれています。
こうして点と点が繋がり、歯車があって、爆発的な何かになるんだろうなと思いながら帰路の電車で爆睡したのでした。

スポンサーリンク