【ニューヨーク旅 その9 地元民に案内してもらうBrooklyn 】

img_3431

ニューヨーク3日目、この日はブルックリン在住のご夫婦との待ち合わせからスタート。
場所はブルックリンのVINEGAR HILLと呼ばれる地域です。
まずはお散歩しながら、この周辺を紹介していただきました。

この日は日曜日だったので、マーケットが開催されていました。
1枚目の写真はモロッコのカゴ屋さん。
この他にも雑貨屋さんや食物屋さんもあり、地元の方々がお散歩ついでに遊びに来ているといった印象です。

dsc06084

街中にはこんなものも。

img_3427

小洒落た自転車置き場です。
自転車が止まっていない時は、道に映されるその丸い影が可愛いだろうな。
ちなみに写真に写る道路は平滑ですが、このあたりの道路はガッタガタ。
バリアフリーとは無縁な場所で細いタイヤの自転車に乗る人がいることに驚きました。

川沿いはこんな感じ。

dsc06089

マンハッタン側とは違って、視界が開けています。
” ある程度手の行き届いた自然 ” が心地よく、のんびりした気持ちにさせてくれます。

東京の外れにある我が家も緑が多い場所だけど、” 人間の手が入っていない自然 ”が多い。
そこは自然の力強さとか、サバイバルな印象もあるから、
” のんびり ” というよりは ” 伸びやかでたくましい ” という表現の方が近いかもしれないな。

そんなことを考えながら歩いていました。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%82%af_5170

そして連れて行ってくれたのがVinegar Hill House

dsc06095

地元民に人気のお店らしい。
ここで頼んだのが次の4つのメニュー。

dsc06093

・穀物のリゾット
・パンケーキ
・エッグベネディクト
・ポテト

素朴でじんわり美味しいお料理。
中でもローストされたポテトにたっぷりのサワークリームと酢漬けの青唐辛子が気にいるの巻。
決してお芋類は得意じゃない私ですが、ジャガイモの素朴な美味しさの虜です。

仕事に子育てに忙しい中、時間を割いてくれたご夫妻、ありがとうございました!
観光でふらっと行っただけではたどり着かない場所やお店へ行けるのは、
やはり在住の方の協力があってこそですな。

最後におまけ。
待ち合わせ場所の駅の出入り口にいた警察官。

img_3426

日本の警察官って、トップヘビー(上半身ががっしり)な印象ですが、
アメリカの警察官は、腰まわりから下がヘビーな印象。

警察官好きなわけでも、制服好きなわけでもないけど、そんなことを思ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク