【苦手意識を克服する】

写真はお花のざっくりスコーン。
ラベンダー、バラ、マリーゴールドとナッツが入ったザクっと系のスコーンです。
しばらくお休みしていましたが、
「あのお花のお菓子、もう出ないんですか?」
とおっしゃってくださるお客さんが多かったのでレシピをリニューアルして復活しました。
フワッと広がるお花の香りがどこか懐かしい気持ちになるのはなぜだろう。


今日は先日のお店でのお話。
帰り際にお客さんから
「楽しかったです、ありがとうございました。」
とお言葉をいただきました。
お菓子屋なのに楽しいってなんだろうと思うかもしれませんが、
その方はお店での私とのやりとりを楽しんでくれた様子。
ありがたいことに、私は若い頃から
「お話楽しかったです」
「お話しやすい」
「声をかけやすい」
と初見の方におっしゃってもらえる事が多かったように感じています。
誤解なきよう言っておくと、
私は自分自身の話はほぼしておらず、お相手の方がお話しされているのを聞いているだけ。
話上手なわけでは決してありません。
若いころからそこまで意識していませんでしたが、知らない人に道やお店を尋ねられることもやけに多く(カナダや台湾、アメリカでも観光客に道聞かれたほど)、
年を重ねても、つどつどその言葉をかけていただく事が多く、
「私は、話し手じゃなくて聴き手なんだな」
と。
この数年はお客さんとお話しする機会も多く、
「ついつい話しすぎちゃう」
と仰るお客さんも多くて、その仮説は確信へと変わりつつあります。

実際、私は仕事でもプライベートでも、自分から自分の事を話す事はほぼありません。
意識してるわけじゃないし、隠したり我慢してるわけでもなくて、いたってナチュラル。
単純に相手の身につけている物やお話の中に見えて来るモノが気になって
「そのブローチは何でできてるんですか?」
「今日はお休みですか?」
「今日はこれからどうするの?」
など質問をする事から会話が始まって、その方のお話を聞く流れになるというだけ。

だから先日、人生2回目のラジオに出させていただいたのですが、自分の事を話すのはとても苦手なのだ!
市内の事業者さんが数珠繋ぎに出演していく番組なのですが、
事前の打ち合わせで
「何かアピールしたい事があればお話いただきたいのですが。」
と言われても、
私にゃアピールしたいこったない!ないよ!
だから3年前の人生初ラジオでは何を話したらいいのかわからなくなり、言葉が出てこなくて、初めての空気に飲まれてほんとひどかった。

そして今回、人生2回目のラジオはせっかくのチャンスなので、前回の反省を教訓に、打開策になりそうなことを3つ試してみました。(前回となにも変えずに挑んだらもったいないもんね。)

1つ目、家から電話での出演にさせていただきました。
前回は初めての場所の空気に飲まれてペースを崩したことが自分でも分かったので、
今回は家のリビングで猫を眺めながらお話し。
(直前にAPさんが電話をかけてきてくれるのですが、そのAPさんが思いのほか緊張されていて、逆に私はさらに冷静になりました。)

2つ目、英語で話す気持ちで挑みました。
海外一人旅が好きな私ですが、英語が完璧ではありません。
私の英語力は日常会話がギリギリ出来る程度で、(最近使ってないからそれも怪しいけれど)
マシンガントークで文章の区切りがない人と話すと、半分くらいしか聞き取れない事もあります。
だから、私は英語で話す時は自然と表情豊かに、感情を表す表現が多めになります。
「伝えたい」
という気持ちが自然とそうさせている様です。
そこで今回のラジオも
「遠く離れた、異国の初見の人と話す」
という心意気で挑みました。
電話片手にすんごい笑顔で、うなづきも多く、合いの手もしっかり。

3つ目、「感謝を伝えよう」という気持ちで挑みました。
自分の事業を売り込むことが必要な場面もあるのはわかる。
しかし私は根っこで
「人に喜んでもらえるサービスを提供出来たら、私の人間力がついたら、自然ともっとたくさんのお客さんに喜んでもらえるようになる。だから真面目に目の前の事に取り組む他、できることはない。」
と思っているので、自分を売り込む事には抵抗があります。
だから今回は
「お店に来てくださるお客さんや応援してくれる皆さんに感謝を伝えること」
を目的にしようと決めました。
気持ちをそのまま伝える事は、私の得意なことだからね。

そうしたらびっくり!
スルスルとお話しすることができました。

そして結果的に、前回より伝わりやすい表現ができたと思う!
まだまだだけど、前の自分よりよくなったからOK、という自画自賛モードです。
苦手意識は克服できたのが何よりの収穫です。

ちなみにラジオが始まる前、お店にいらした常連さんと話していたら、
「緊張しないなんてすごいですね」
と。
そもそも緊張したってパフォーマンス下がるだけだし、いまさら何かスキルがあがるわけじゃないから、リラックスして今のベストを出すのが最善だなと思ってる私って、特異なのかしらと思った次第です。
人前で話すのが苦手という方の理由は
「緊張するから」
が一番多いようですが、そこでうまく話せなくたって命とられるわけじゃないしさ。
そんなことでいちいち恥ずかしがっていたら身が持たないし、
私は自分をデキる人間だと全く思えないから、自分に対する期待値が低い分、失敗することへの恐怖もないのかもしれません。



脱線しましたが、今回のラジオを繋いで下さったはるみさん、
私から繋ぎたいと連絡したら
「いいともー」
と快諾してくれたあきもとさん、
そして心地よくお話ししてくださったパーソナリティのちほさん、
聞いてくださった方や気にかけてくださった皆さん、
ありがとうございました!

オラ、また一つ、たくましくなったぞぉ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク