里芋トリュフとチョコケーキ

PICT3015.jpg
今年のバレンタインは疲れ切っていたため、
「我が家のバレンタインは後日だから。」
と言い放った私。
そしてバレンタインの数日後、
私が作ったのはトリュフ。
TVでショコラティエの特集をやっていて、
フランス人ショコラティエが作る様子を見ていた私は
「こりゃシロウトが作っても、あそこまでうまく出来ないわけだ」
と妙に納得。
温度管理はもちろんですが、
本当に繊細で経験がものを言う作業だと感じたから。
そこで私が作ったのは
里芋を使ったトリュフ。
本来は生クリームを使うけど、
里芋で作ったらどうだろうという思いつきから作りました。
相棒のご実家で育てている里芋がたくさんあるし、
チャレンジです。
結果、
和菓子と洋菓子の中間みたいな
新しい食感!
トリュフと言って渡したら違うと言われそうですが、
なんだか可能性を感じる出来上がりです。
そして母がくれたのがこれ。
PICT3043.jpg
はやく食べたくて、
写真の色が飛んでしまっているのですが、
チョコレートケーキ。
「この前作った方が美味しかったかも。」
とくれたのですが、おいしい!
周りはガッチリめ、内側はしっとり。
最近父が甘いものを食べたいそうで、
母はケーキ作りに精を出しているらしい。
今度会った時にレシピを教わってこなくては。

スポンサーリンク
スポンサーリンク