【いろんなマヒ】

写真は先日のマーケットで撮影した写真。
国分寺店で知り合ったはるかさんとピンクの記念撮影。
彼女はつねにショッキングピンクを身につけているので、私もかぶせて下半身ピンクでいきましたとさ。

個人的には、ピンクと補色のブルーは相性いいと思うんだよなぁ。
靴下もブルーで揃えて行ったのに、写真では足首用のダウンでかくれちゃって残念だなぁ。


そして今日の本題、最近よく感じる ” マヒ ” について。

数年前から、私は黒髪にポイントカラーを入れています。
緑、青、ピンク、赤など。
最初の頃は友人に
「綺麗な色だね」
「よくその色を入れる勇気あるね」
なんて言われていました。
目に止まってコメントしたくなるのかな、仕事柄カラーをいれられない人も多いから目立つのかなと思っていました。
最近はクリスマスだからと言うこじつけで赤を入れています。
自毛の黄色が強く、今は少し退色して、オレンジピンクみたいなカラー。
しかし、ほとんどの人が何もコメントしません。
どうやら
「私」=「彩度高めの出で立ちの人」
と認識されたようです。
継続するとこういう麻痺が生まれるらしい。

そしてコロナ禍において、緊急事態宣言が出た頃は多くの日本人が真面目にステイホームしました。
しかし半年以上コロナと戦い続けた今、あの頃の恐怖心は少し影を潜めています。
あの時より蔓延しているのに、私自身も。

台湾の友人と話していたら、つい先日海外から感染している人が入国して、その人がちょっと理不尽なコメントをしたから国民は怒っているというと聞きました。
わかると思った一方、毎日何千人も感染者が出ている今の日本だったらみんなスルーするのかなぁと。

思うことはいろいろあれど、
みんなそれぞれが考えて判断しているのだから他人を否定することなく、
自分ができる事はやって、適切に怖がって、日々過ごしたいなと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク