【夏の過ごし方】

最近、甘ったれなニクオさんと、なぜか窓とふかふかマットの隙間で寝ているつんたろう。
毛皮をまとってる彼らにとって、辛い夏がやってきますな。

今日は私自身の近況について。
正直言うと、今の私はちょこっと腑抜けになっています。
想像するに、
・季節の変化に体がついていっていない
・2〜4月のコロナ対応の怒涛の日々で、緊張状態が続いていた
そんな理由なのかなと思っています。

2月にデパート系の催事中止が発表されて、
「すぐに方向転換をして準備しないと、こりゃまずい!」
と通販強化に注力して、
4月には国分寺店の営業を自粛することになり、厚木店の店頭での満足度をあげようとラインナップを充実させ、
厚木店は飛沫感染防止の対応をして営業を続け、
6月頭、国分寺店の飛沫感染防止の対応をして2店舗体制に戻りました。
ここまでが怒涛、長ーい1日を過ごしたような感覚です。
そして今、腑抜け状態というわけ。

振り返ると、自粛期間中にお散歩する方の増加に伴って厚木店を見つけてくださる方が増え、
通販を利用してくださる方も増え、
TSUCURITEは忙しく営業させていただきました。
国分寺店の休業補償がなくても、TSUCURITE全体としてはなんとか乗り切れたことにホッとしています。
あー、本当にやばいと思ってたよ!!!
ありがとう、そして気を抜かず邁進いたします。
周りの仲間を見ていても、世の中の個人店のお菓子屋さんやパン屋さんの多くはそうだったんじゃないかなと思います。
コロナは商業施設ではなく、街の中の個人店に目を向けるきっかけとなったようです。

コロナが早く終息して欲しいという気持ちに変わりはありませんが、
私自身は、自分の生活スタイルに対する考え方が少し変わるきっかけにもなりました。

チャンスだと思ったら、楽しそうだなと思ったら、無理してでもそれにチャレンジしてしまう私の性格。
好きから繋がった仕事ということもあり、とにかく24時間365日体制で仕事のことを考えています。
友人は
「仕事以外で旅行するとか、しばらくしてないでしょ?」
と言いますが、おっしゃる通り。
それが私だと思う部分もあるし、だから繋がった縁や得たもの、そしてやりがいもたくさんあります。
しかし、今回のコロナの経験を経て現在。
まだまだ気をつけて過ごすことには変わりないのですが、
ちょっと自分の中の戦闘態勢が緩和されて、気付くと頭がぼーっとしています。

そしてインプットする時間を設けるのもいいんじゃないかと思い始めています。
今まで1週間の中でお休みはほぼゼロでしたが、
例えば月曜日は完全オフにするとか、2週間くらい夏休みを取るとか、強制的に休みを取るのもいいかもしれない。
隙間時間でインプットすればいいんだろうけれど、
性格的に仕事を一旦忘れないと、他のことは楽しめないタイプだし、やりたいことはたくさんあるし、休みにしたからってぐうたら寝て過ごす性格ではないから、実り多きインプットタイムにできると思うから。
近年、アウトプットばかりでインプットを怠ってきましたが、それじゃこの先視野が狭まっていくなという危惧もあります。

台湾の友人が
「海外に行けないから、今は勉強するしかないよね」
と言っていた言葉が痛烈に刺さった私。
催事が動き出すであろう9月までにインプットタイムを取ろうと考えています。
急に休んだりはしないので、ご安心をー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク