【落ち込む時】

写真は大量に焼かれたかぼちゃクッキー。
厚木のかぼちゃを蒸して、ペースト状にしてから生地に練りこんでいます。

今日はお菓子とは全然違う話。
私は
「いつも元気ですね。落ち込むこととかなさそう。」
と言われることが多々あります。
どうやら私は元気な人に見えるようです。
答えは
「いやいや落ち込むよ、だって人間だもの。」
です。

特に若かりし頃は落ち込み、それを引きづることも多くありました。
今はサクッと落ち込んでスッと平常に戻る、そんな感じです。

ムラのある性格ゆえ、ミスも多く落ち込むきっかけはたくさんあるのですが、30代半ば頃から
「落ち込んでいる時間とエネルギーがもったいないな。」
と思うようになりました。
失敗した時に反省することは大事だけど、
それ以上にその反省点をリカバーすることに集中した方がいいに決まってる。
そして落ち込むことって、自分に酔っている部分もあるんじゃないかと思うわけです。

ちなみに最近落ち込んだことは、
「レシピ作りがうまくいかないこと」
10月は作っても作ってもうまくいかない日々が続き、何度か心が折れました。
1日の作業を終えて
「もう何を作りたいのかわからない」
と落ち込み出しても、缶ビールをプシュッと開けてゴクゴクして、猫と戯れて、1晩寝たらリセット。
「やるだけやって、ダメなら仕方ないよね。さー、今日も新たな1日が始まるぞ。」
と、こんな感じです。

年を重ねるにつれて、良くも悪くも自分に過度の期待をしなくなる。
「もっと私はできるはず!」
と過度に期待すると、その理想像とのギャップに苦しんで落ち込むというサイクルですな。
最近は淡々と半歩先を目指す姿勢になっています。
年をとるって悪くないね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク