【1月の太陽のマルシェ】

IMG_1924.jpg
バレンタイン通販、ご注文受付中(2/3まで)
今日は1月の太陽のマルシェのお話。
お正月後だし、お菓子需要は少ないだろうと思いつつ、
新しいディスプレーとお菓子を持って、
やる気十分に参加。
IMG_1921.jpg
ディスプレーや新作の引き出しお菓子に対する
「かわいー!」
というお客さんの声にニンマリして、
寒さもどこへやら。
この日も常連さんが来てくれたり、
小学校の同級生とばったり遭遇したり、
感謝しきりの1日でした。
ここからは完全なる個人的な感想。
この日、痛感したのは
「私の人間力のなさ」
でした。
お隣で出店されていた方の人間力に圧倒されるの巻。
正直、私は売り込むのがとても苦手。
だから大きなマルシェも、
お店の前にグイグイ出て行くのも、
苦手意識が強くあります。
ビジネスぽい印象に対する偏見と
自分の中の壁が苦手意識を作っているのは自覚済み。
でも一方で
苦手な事に挑みたくなるのが私の性分。
だから太陽のマルシェに挑むわけですな。
私がいつも出ている手創り市は
売り込まなくてもお客さんとコミュニケーションが取れるからいいけど、
こういう大きなマルシェでは
そうはいきません。
この日はブース位置がよい場所とは言えず、
でもそれを言い訳にはしたくないし…
なかなかコミュニケーションが取りづらく
モヤモヤしていました。
しかしですよ、
自分が自信もって作っているものを
オススメしたいって気持ちは
まっすぐで清々しくないか?と思ったわけです。
自分の素直な言葉を言えばいいだけじゃん!
そう思えたのが
終了の2時間前。
私の事を見てくれていたお隣さんが
たくさんのアドバイスをくれたおかげ。
いざ試してみたら、
楽しい時間を過ごせました。
マルシェ終了後も
お隣さんが私に色々とお話をしてくださり、
いかに自分が壁を作って武装していたかを感じるの巻。
自分の殻を破る
重要なヒントをつかんだ気がします。
Unlock myself!

スポンサーリンク
スポンサーリンク