【ハスの実とふき】

language:
スポンサーリンク

DSC03260.jpg
まず最初にお知らせ。
昨日、常連さんから
「まだクリスマスギフトは受け付けてますか?」
と聞かれたのですが、
絶賛受付中です!
「ちょっとしつこいくらい」に告知しないと
伝わりにくいんだなと感じるの巻。
「12月上旬の発送日の方がご注文が多い」
という流れは今年も同じで、
17日発送分はまだ余裕ありです。
ご興味のある方はこちらをご覧ください。
そして今日の本題。
シュトーレンの中身について。
1枚目の写真は
ハスの実を煮ている時の様子です。
台湾で買ってきた乾燥のハスの実を水につけて一晩おき、
さっと茹でて汚れや皮を取り除き、
きび砂糖とお水で煮ます。
そして10分くらい煮込んだら火を止めて、
そのまま冷めるまで放置。
冷めたらはすの実を取り出し、
煮汁のみを少し煮詰めて、
そこにはすの実を戻します。
この工程を3日繰り返して出来上がり。
お次はふき。
DSC03258.jpg
蕗を茹でて筋を取り、
そこからははすの実と同じ工程を辿ります。
ふきは水分が多いので、
途中で天日干しして水分を抜く工程も入りますが、
ほぼ同じ工程と言えるだろう。
クツクツと煮ている時、
私はゆったりした気持ちに浸っています。
こうした地味でアナログな作業には
リラックス効果があるに違いない!
気のせいかしら?

スポンサーリンク