【サーモンと花おくらの手まり寿司のレシピ】

DSC02528.jpg
我が家にノルウェーサーモンが届きました。
しかも半身分!
この日はさっぱりと食べたかったので、
手まり寿司にしてみるの巻。
レシピはこんな感じです。
<ノルウェーサーモンと花おくらの手まり寿司>
・材料(3~4人分)
  ノルウェーサーモン 150g
  塩    小さじ1/3
 【甘酢】
  白ワインビネガー 50cc
  蜂蜜       大さじ1
  生姜       1片
  塩        大さじ1/4
  
 【すし酢1】
  米酢 大さじ3/4
  蜂蜜 大さじ1/2
  抹茶 小さじ1/8
  塩  小さじ1/6
 【すし酢2】
  梅酢 大さじ3/4
  蜂蜜 大さじ1/2
  花おくら     6枚
  水切りヨーグルト 大さじ1
  お米 1合
・作り方 
  1、サーモンに塩を振り、冷蔵庫で15分おく。その間に甘酢、すし酢の材料を混ぜておく。
  2、1の水気を拭き、一口大に切り、甘酢に漬けて冷蔵庫で30分おく。その間にお米を炊く。
  3、炊きたてのご飯を2等分にして、2種のすし酢をそれぞれかけて、切る様にかき混ぜる。
  4、3の粗熱がとれたら、一口サイズを手に取り、
    抹茶すし飯には水気を切ったサーモンをのせてにぎり、
    梅酢すし飯には花オクラをのせてにぎる。
  5、4をお皿の上にのせ、サーモンには水切りヨーグルトをのせて出来上がり。
脂ののったノルウェーサーモンは
そのまま食べても美味しいけど、
甘酸っぱさの後に広がるサーモンの脂の甘みは
これまた美味しいのである!
ちなみに梅酢は
梅干し10kgを仕込んだ時の副産物。
梅酢の赤と、抹茶の緑で和風な見た目に仕上がりました。
ちなみに花オクラとは、
いわゆるオクラの花でβカロテンが豊富。
そのβカロテンは
サーモンに豊富なビタミンDの働きを助けてくれるそうな。
甘酢に漬けたノルウェーサーモンの手まり寿司は、
一口サイズで食べやすいし、作り置きできそうだし、
人が来る時に便利そうだな。
まずは家の片付けから始めねば!

スポンサーリンク
スポンサーリンク