【SNS】

usta.jpg
開業前から、
海外に住む友人と連絡を取るために使い始めたFacebook。
今は頻繁に会えない友達や
仕事繋がりの知り合いの近況がわかる便利なツール、
つくりての情報発信手段として使っています。
何人かは好きなアーティストなどの近況を知るために
「いいね!」をしているのですが、
少し驚いたのが写真の投稿。
トルコで一番有名だろう料理家Ustaの投稿です。
紙の上にひき肉が乗った写真。
シュールだこと!
ひき肉がどうやって作られているのかについて
書かれた記事のようです。
彼の投稿の写真を見て、
「日本人だったら、このアングルで撮らないだろうな」
「日本人だったら、この盛り付け方をしないだろうな」
と思うことがしばしばあります。
普段意識することはないけど、
海外から来たお店のディスプレーや海外のお料理本を見ていると、
「各国のお料理に対する美的感覚」
の違いを感じます。
日本は
ボリューム少なめで上品さを残し、
高さを出してシズル感があり、
卒なくまとまっていている盛り付けが多い印象です。
かく言う私も、
無意識にそういう日本人的盛り付けをしているけど、
もう少しダイナミックさが欲しいなと。
小さな頃から、
なんだかんだおとなしくまとまりがちな殻を
ぶち破りたい今日この頃です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク