【駅伝で己を知る】

10383565_903664266358178_3476331096397484234_n.jpg
養源寺手作り市の前日、
地元の味スタで駅伝に参加しました。
一人5km、4人でたすきを繋ぎます。
最近は3日に2回くらい走っていたけど、
距離はいつも2~3km。
5キロ走るのは小学生以来です。
私は第一走者だったのですが、
前の方に陣取って後続との熾烈な争いに巻き込まれるのは嫌だから、
中盤からスタート。
しばらくは
細い道を団子状態で進むので、
思うように走れませんでしたが、
序盤のゆっくりペースがよかったのか、
折り返し地点で
「まだ余力があるし、飛ばしてくぞー。」
と負けず嫌いが顔を出すの巻。
ライバルチームの第一走者は1キロ4分台なので、
どこまでついていけるか、自分に期待したものの、
結果は5キロで24分36秒。
4分台は無理だとしても、
もう少しいけるはず!
こうして人はランニングにハマっていくのです。
大会後にみんなは焼肉。
私はビール一杯でグッとこらえて、
翌日の準備へ。
普段は「自分との戦い」が好きな私ですが、
「○○さーん!」
と1人で叫んでいた私。
お祭りに便乗して、叫ぶのも醍醐味なのである。
みんなでタスキを繋いでいく駅伝は
1人とは別の、それ以上の楽しさがあります。
誘って下さった方、
一緒に走って下さった方々に
感謝なりし!
ちなみにこの日、
「私って、こんな感じなのね。」
と驚いた事が2つありました。
1つ目は
誘って下さった方が撮ってくれた
走る前の自分の写真を見たとき。
10646890_855793001154659_2304705182774172859_n.jpg
向かって左側が私です。
「運動をしてるのに、不健康そう。。。」
と嘆いた瞬間でした。
ほぼ毎日自転車で移動して、
ほぼ毎日ストレッチやヨガをやり、
以前より筋肉量が上がっているのに、
こんな貧弱なのか!
残念無念。。。
2つ目、
相棒が撮ってくれたゴール間近の私の動画をみたら、
自分の想像していたフォームとは違いました。
背筋はピンとしてるけど、
重心が少し後ろによってマヌケな感じ。
楽にスピーディーに走れそうなので、
もう少し前傾で練習せねば!
マラソンをする前は
「私、なんで苦しいのに走ってるんだろ。」
なんて思うけど、
この達成感と連帯感を味わっちゃうとやめられないね。
たくましい自分になるには
まだまだ道のりが長そうです。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク