【つくりてのグラノーラ】

DSC00635.jpg
私は学生の頃から
グラノーラが大好きです。
当時はまだ世間でグラノーラの認知度が低かったけど、
今はメジャーなお菓子になりました。
私の中で、
街中で見かけると、ついつい買ってしまうお菓子ランキングNo.1。
グラノーラと一言に言っても、
サラサラのもの、
ちょっと塊のあるもの、
フィリングは焼成していないもの、
フィリングと生地を絡めて焼成してあるもの、

いろんなタイプがあります。
私が好きなのは、
「塊があって、噛み応えがあって、
 フィリングも焼成してあるグラノーラ」
要は
ヨーグルトや牛乳などはなしで、
ポリポリつまめるタイプが好きなのです。
だからつくりてのグラノーラも
ごろっと塊があるレシピです。
1枚目の写真は
焼成直後のもの。
お砂糖不使用で、蜂蜜や水飴を使った生地を板状に伸ばして、
低温でじっくり焼き上げた後、
オーブンの中に放置して乾燥させます。
そして粗熱がとれたら、
板状のグラノーラをパリパリと折って出来上がり。
DSC00636.jpg
自分のおやつ用に作っておくと、
一気に食べてしまうので危険なお菓子。
塊をポリポリと食べ進め、
最後に残った小さな欠片は
朝ごはんのフルーツ&ヨーグルトに入れて頂きます。
フィリングを変えたり、
小麦粉やオーツの種類を変えたり、
アレンジ自在のグラノーラ。
レシピを教えた母もお気に入りの様子。
これは
ずっと作り続けていきたいお菓子だな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク