【影の立役者】

DSC00654.jpg
写真は文房具カフェに置いてくれている
つくりてお菓子のリーフレット。
開くとこんな感じ。
DSC00656.jpg
文房具カフェに置かせてもらっているお菓子は
毎月ラインナップを旬のものに変えているのですが、
オープンから毎月、
文房具カフェスタッフのカズヤくんが
絵を描いてくれていています。
絵が上手いのはもちろん、
お菓子の姿形、雰囲気を
しっかり観察して描いてくれているのが伝わってきます。
お菓子たちも愛情をたっぷり注がれて、
さぞかし喜んでいるだろな。
愛情をかけて作られたかどうかって、
出来上がってみたものを見れば一目瞭然です。
しかもつくりてのお菓子は
私が1人で作っているといえど、
リーフレットはカズヤくんが作ってくれて、
納品してからはスタッフの手で店頭に並べられて、
ラッピングされてお客さんの手に渡ります。
みんながお菓子に愛情を注いでくれているから、
食べる人の心に何かもたらしてくれるんだなと。
「卸し」は、
卸先との関係が難しいとか、掛け率がどうだとか、
周りからあまりいい声が聞こえてこないけど、
製造者以外の誰かの力が加わって、
もっといい物になることだってあります。
手づくり市で自ら販売をしているだけじゃ、
それに気付かなかったはず。
恵まれた環境にいる事を
改めて実感するの巻。

スポンサーリンク
スポンサーリンク