【ほどほど】

DSC00547.jpg
写真は
切っている途中の和栗のジンジャーケーキ。
自家製の栗の渋皮煮がコロッと入っています。
こやつはいつでも人気のニクいヤツ。
手づくり市で出している、
この手のキューブ型ケーキは
おからやお豆腐を使っています。
これは
「おやつで栄養(タンパク質)を取りたい」
という、自分なりのこだわり。
最初の頃はそれをストレートに
「⚪︎⚪︎のおからケーキ」
「⚪︎⚪︎とお豆腐のタルト」
とネーミングに出していました。
でもなんだか押し付けがましい様な気がして、
自分が窮屈な気もして、
書かないようになって1年半くらい。
手づくり市にいらっしゃるお客さんは
材料にこだわりがある方が多いので、
たいがい商品裏側の原材料をご覧になったり、
私との会話の中で気付いてくれます。
だからネーミングに付けなくても、
それはちゃんと伝わっているというわけ。
そこでよく聞かれるのが、
「ベジお菓子ですか?」
「マクロお菓子ですか?」
の2つの質問。
私のお菓子作りは乳製品や卵不使用ですが、
蜂蜜や、陰性・陽性のお野菜や果物などは使います。
だからベジにも、
マクロビにもカテゴライズされません。
中途半端と言ってしまえばそれまでだけど、
お客さんとの会話の中で、
「あんまりそこに固執するのも、なんか違う気がして。」
と言うと、
「そうそう、食べたい物を食べるのが健康的ですよね。」
と仰るお客さんが多いのなんのって!
私にとって、
「ほどよい」という意味の「適当さ」は
とっても重要。
何事もほどほどに、
我が道をいくべし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク