【玉ネギと杏のケーキ】

DSC00284_20141126072832a1c.jpg
11月の手づくり市で出していた
玉ネギと杏のケーキ。
相棒のお母さんが作った玉ネギを甘く煮て、
杏、ココアと一緒に練り込んでいます。
この写真を撮った日は
プレーン生地の上に杏をのせて、
その上からマーブル生地をのせて焼成しました。
玉ネギは香味野菜と言われるだけあって、
加熱しても香りは残ってくれます。
最初、お客さんには
「・・・玉ネギ??」
と驚かれる事も多いけど、
説明をしたら、
最後には手に取って下さる事の多いお菓子です。
そして後日
「最初はびっくりしたけど、食べたらとても美味しかったです。
 また作って下さいね。」
と声をかけて下さったり、
メールを下さる方も多いお菓子。
こういう経験をすると、
きちんと説明をすれば伝わるんだなと
しみじみ感じます。
逆を言えば、
なんとなく作ったものだと
それもお客さんに伝わるんだろうなと。
自己満足だとしても、
他の人から見て理解できないこだわりだとしても、
作った物に思いがこもってないとね。
私の場合は
お野菜愛、お豆愛には自信があります。
だから、これからもお野菜やお豆を作ったお菓子を作って行こう
と改めて思ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク