【文房具パフェ、リニューアル】

language:
スポンサーリンク

DSC09622.jpg
私がメニュー考案に関わらせてもらっている
文房具カフェ。
写真は
文房具パフェをリニューアルしようと試作&試食した時の様子。
春頃から
「秋はりんごでいこう」
と話しをしていました。
最初、第1弾のパフェを作ったときは
いつも一緒に考えているハルちゃんと勝手が分からず、
「下からシロップ、クリーム、黒豆・・・
 いや、こういう順番にすると色が綺麗じゃないから、
 下からシロップ・・・」
とかなり苦戦し、
試食のしすぎで胃がもたれるという日々を送りました。
でも2回目となる今回は、
色味が乏しいりんごの見せ方に苦戦したくらいで、
前回よりスムーズに出来上がり!
頼もしいハルちゃん、パフェ大好き太田さんの頑張りのおかげで、
第1弾のかぼちゃパフェを越えるものが出来たはず。
先週からデビューしています。
文房具カフェは
流行りのポップコーンでもなく、
パンケーキでもなく、
パフェ推しで行くぞーっと。
納品&打ち合わせ時に表参道を歩いていると、
流行の物を扱う飲食店が目にとまります。
裏を返せば
「チャラっとしてる」
という印象を拭えないのも事実。
実際、何かが流行ったら、
その専門店がどんどん出来て、
しかも結構いい価格で提供されていたり。
原価の想像がある程度つくだけに、
「うーん」
とうなってしまう事もあります。
もちろんこだわりをもってやっているお店もたくさんあるし、
店舗の維持費もかかるのは
わかるんだけどね。
短期的なビジネスなら、
そういう手法もアリだとは思います。
でも、文房具カフェはそうなっちゃいけない。
「文房具カフェでしか食べられない物」
「文房具カフェでしか体験出来ない空間」
を作っていかないとね。
関わる人達は個性の強い人が多く、
打ち合わせでは意見がぶつかる事も多くあります。
みんなオトナだから、
さすがにケンカにはならないけどさ。
でもそれは、
各自がお店の事を自分の頭で考えているという証。
だからこそやりがいを感じるし、
楽しいよね。
現状に甘んじず、
もっと楽しい空間を提供できるように、
そしてスタッフ達がもっと誇りを持って働ける職場になるように、
これからも切磋琢磨すべし!

スポンサーリンク