【台湾の同業種】

DSC08408.jpg
問屋街を後にして向かったのが
意思意思というお店。
アンティークの雑貨を取り扱っているお店で、
ワークショップなども頻繁にやっています。
ひっそりとたたずんでいるお店なので、
iphone片手になんとか到着。
このお店は
私がsimplemarketに出たいと連絡をした男性
紹介してくれた台湾出身の友人が
私と同じような仕事の仕方をしていると紹介してくれた女性Ellaが
「ぜひ案内したい」と教えてくれたお店。
そこでEllaの名前を出すと、
オーナーさんは見ず知らずの日本人である私に、
珈琲とEllaの作ったチョコレートケーキを出して下さいました。
お世辞抜きにおいしいよ。
濃厚なんだけど、甘すぎず、でもコクがあるケーキ。
そこでケーキを頂きながら彼女に連絡をして、
初対面という流れ。
台湾へ行く前から連絡を取り合っていたので
初対面って感じもなくて、
不思議な感覚。
彼女との会話は英語が中心です。
お互い英語が堪能なわけじゃないので、
携帯の翻訳機や筆談を駆使しながら話をします。
中国語は多少勉強していったのですが、
全然聞き取れず。。。
そして彼女が
「月曜日、ここでイベントしない?」
と。
何をやるのか、なーんにも考えていなかったのですが、
即答で
「ほんとに?やりたい!」
と食いついた私。
不安よりも、
勢いと好奇心と、
「こんなチャンスはなかなかないだろう」
という思いが勝った結果です。
今回の旅はsimple marketに出る事以外の予定を
全く入れずに行きました。
「あれを食べて、ここに行って・・・」
と予定を詰め込みすぎると、
自由が利かなくなるし、
その予定をこなす旅になるのはつまらないだろうなと思って。
元々、観光地よりも
その地の暮らしぶりとかローカルなものに興味があるしね。
結果的にはそれが功を奏したなと。
湿度90%、気温30℃を上回っている台北で
ぐったりしながらも
わっくわくな午後を過ごしたのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク