【でこぽん】

language:
スポンサーリンク

DSC07733.jpg
母から届いたデコポン。
いろんな果物やお野菜があるけど、
デコポンを見る度に、
「思い切ったネーミングだ」
と思います。
私がお菓子のネーミングを考える時は、
入っている材料がストレートに伝わるよう、
そして長くなり過ぎないよう、
つい口にしたくなるような名前にと考えています。
卸先でも、イベントでも、
じっくり見て買う人より、
パッと見て決める人が多いから。
一方、カフェのメニューを考える時は、
ちょっと長くても、
擬音やオトマノペを使って、
しずる感が伝わるようなネーミング。
着席してじっくり見るものだからね。
ネーミングって大事だと心底思ったのは、
一昨年のクリスマス。
『スパイスクッキー』
という名前でだしたお菓子が全然ウケなかったのです。
「かわいい!でもスパイスかぁ」
ってお客さんの声を何回も聞きました。
スパイスに対して抵抗がある人が多いのもあるけど、
「ナツメグとシナモンのクッキー」
だったら、
手にとってもらえたのかな、とね。
ネーミングだけじゃなくて、
『見せ方』はとても重要な要素。
自分が伝えたい事をストレートに届けるために、
細部までしっかり考えないとなぁ。
デコポンを食べながら、
そんな事を思ったのでした。

スポンサーリンク