【ハンドメイド in トルコ】

language:
スポンサーリンク

DSC00264.jpg
サフランボルの街をウロウロしていると、
革工芸をしているおじいさんのお店を発見。
「チャイしていくかい」
の御言葉に甘えるの巻。
DSC00265.jpg
おじいさんはトルコ語オンリーですが、
「50years handmade」
だけは繰り返し言っていました。
ちなみに次の写真の右側に写っているのはヒーター。
DSC00266.jpg
イズミックタイル調でかわいいわぁ。
それからずんずん歩いて、
丘の上を目指しました。
上りきったところがこちら。
DSC00288.jpg
お墓です。
そしてそこからの眺めがこちら。
DSC00284.jpg
街全体が世界遺産に登録されているだけあって、
ファンタジーに迷いこんだような感覚。
それから来た道を下っていくと、
小さなモスクを発見。
すっかりモスク大好き人間の私は
迷わず中へ。
DSC00224.jpg
薄暗くて、ステンドグラスも地味なんだけど、
気持ちがスーッとするような空間。
特に何も事件が起こらないような
静かな映画に出てきそうな場所です。
サフランボルは革や彫金が盛んな小さな街。
私はこのギュッとしたスケール感と静かな雰囲気が気に入りました。
私がこの場所を知ったのは、
某ガイドブックの小さな記事。
またもや直感で行くと決めたのですが、
ネットで調べても、
アクセス情報すらわずかしかない。
世界遺産なのに、
知名度が低い理由はここにあるのかな。
私としては、
もっと観光客が増えて街が潤ってほしいような、
静かな雰囲気を残してほしいような、
複雑な心境です。

スポンサーリンク