【変わりつつあるトルコ】

language:
スポンサーリンク

DSC00143.jpg
私が大好きで通い詰めたスルタンアフメット。
曇天でも、晴天でも、雨でも
やっぱり綺麗です。
それはさておき、
これはスルタンアフメット前の広場にある新設中のトイレ。
DSC00139.jpg
ヨーロピアンな印象のこのトイレの写真を撮ろうと立ち止まると、
「これは観光客が多い夏に備えて、政府が作ってるんだ」
と怪しいトルコ人男性に話し掛けられました。
怪しいと感じてその場を去る私。
後ろから話し掛けられ続けるも動じない私、
グッジョブ。
トルコは今、
新しい建物がガンガン立ち、
外資系企業が入り、
街が整備されてきていて、
高度成長期まっただ中。
トルコに行った事がない人に話すと驚くけど、
IKEAだって、スタバだって、マックだってあります。
そしてオリンピックの開催地にも立候補してるし、
これからどんどん変わっていくんだろうな。
ただ、道はガッタガタで陥没してるところもたくさんあるし、
まだまだ観光都市として走り出したところなのかなという印象。
私はその不完全さが好きです。
人々に都会特有の嫌なクールさなんてないし、
みんな車なんてお構いなしで大通りを横断するし、
「バス降りたけど、案内標識ないし、ここから駅までどっち行けばいいの?」
みたいな事も含めて面白い。
そんな中、
お世話になったウィーガールさんの車で移動中にびっくり体験。
トラムのアサクライ駅付近は
あまり治安がよくない。
色んな人種がわさわさいて、
とにかく雑多な感じ。
そこで信号が赤になり止まった時、
モップを持った数人の大人がきて、
その辺の車のフロントガラスを拭きだした!
ウィーガールさんが
「やめろ!」
と言っても、
ワイパーを動かしても聞かず、
お金をくれと言ってくる。
ガラスはむしろ汚くなってるし、
日本だったら訴えられるよな。
彼に聞いたら、
この辺ではお馴染みの光景で、
子供(人形?)を抱えている人や、
「何日も食べてないんだ」
みたいな主張をする少年もいる。
中にはお金を渡す人もいるけど、
1日これをやっていたら、
むしろいい稼ぎになるらしい。
ウィーガールさんは
「イスタンブールは歌舞伎町より治安がいい」
というけど、
小さな頃から新宿に慣れている私からしたら、
歌舞伎町なんて全然危険を感じないし、
実際のところはよくわからない。
ただトルコの富裕層の
「私、お金持ちですよ感」
は外国人の私からみてもわかる。
ブランド物を身につけたり、
これ見よがしに装飾品ジャラジャラなわけじゃないけど、
車がきれいに掃除してあったり、
シャツがパリッとしていたり、
身なりの小綺麗さから伝わってくるのかな。
とにかく差は歴然としている。
日本は不景気といえど、
みんなある程度のお金を持っていて、
そこまで貧富の差を感じる光景ってないと思う。
外に出てみて、
日本の暮らしやすさを改めて実感です。

スポンサーリンク