【自家製酵母スコーンについて】

language:
スポンサーリンク

PICT4325.jpg
私が作るスコーンは
大きく分けて2種類。
一つはイーストを使ったもの、
もう一つは自家製酵母を使ったもの。
どちらも冷蔵庫で5日寝かせてから焼き上げます。
手作り市で
「酵母ってなんですか?」
と聞かれる事も多いので、
ちょこっと説明したいと思います。
まずは果物を水に入れて、
酵母液なるものを作ります。
PICT4336.jpg
上の写真は入れてから2日後。
冬はだいたい1週間くらいで
シュワシュワーっとできあがります。
それから、その液と粉を合わせて元だねを作ります。
PICT4304.jpg
1日目に粉と水、
2日目にも粉と水を加えて、
これが2日で出来上がり。
それから、粉や副材料などスコーンの材料と合わせて
冷蔵庫で寝かせます。
これが5日で出来上がり。
それから、焼いて食べるという流れ。
つまり1つのスコーンを作るのに
2週間かかるというわけ。
こうして書いていると
「ずいぶん面倒な事やってるなぁ」
と思うけど、
酵母スコーンは美味しいから仕方ない!
スコーンは好き嫌いが大きく分かれるお菓子らしく、
手作り市でたくさん残ってしまったり、
逆に最初に売り切れてしまったり、
売れ行きが読みにくい商品。
でもスコーン好きな私なので、
しつこく作り続けたいと思います。

スポンサーリンク