【粉】

PICT5181.jpg
次のイベントまでの端境期、
後回しにしていた粉の比較をしました。
今まで
・パウンド等のふわふわ系 → ファリーヌ
・クッキー等のサクサク系 → クーヘン or ドルチェ
を使っていました。
食感や味については満足しているのに、
なぜ粉の比較をしているのかというと、
減農薬や無農薬でこだわりをもって作られている
お野菜や穀物を販売する
Earthday market
の代表の方とお話したのがきっかけ。
これまで私の中では
「できるだけ国産の材料を使う」
というこだわりはあったものの、
実際にその小麦を作るためにどれだけの農薬が使われているのか、
知らずにいました。
そして
「もっとこだわりをもって粉を選ぼう!」
と強く思うようになりました。
少し時間ができたので、
気になる製粉会社や生産者さんへ手当たり次第に
「蛋白が○○パーセントくらいで、
 減農薬か無農薬の粉はありますか?」
と連絡をして、
よさそうな粉を取り寄せて
早速試作をしてみました。
粉の特性がわかるよう、
一番シンプルなクッキーのレシピを使って実験。
均一の厚さに伸ばして、
スケッパーで切り目を入れて焼きました。
不格好ですがご勘弁ください。
早速食べてみると、
粉によってここまで違うとはびっくり!!!
ちなみに今回使ったのは、
埼玉県産の粉。
調べてみると、
北海道は雪くされ病対策の薬が必要らしく、
埼玉県産のこの粉の方が農薬量が少ない様子。
そして放射能検査はしっかりしているので、
そこらへんの心配もなし。
まだもう少し検討の余地がありますが、
近々、粉を変えたいなと思っています。
でも粉を変えると
含水率や焼き時間も違うし、
これまでのレシピの全面見直しが必須。
正直なところ、気が重いのは事実。
今まで作ったレシピで改めて焼いて比較するには、
かなりの時間と労力がかかるのは目に見えているから。
でも素材の味を活かしたお菓子作りをする上で、
粉選びは一番重要だし、
「やらねば!」
という使命感にかられています。
卸しやイベント用のお菓子作りと併行して、
頑張るべし!

スポンサーリンク
スポンサーリンク