コーヒー談義

language:
スポンサーリンク

PICT3357.jpg
実家の近くに自家焙煎の珈琲屋さんを発見。
その時は先客がいらしたので、
晩御飯後に母と行ってきました。
30代後半と思しきお兄さんがオーナー。
気になる事を聞くとすごく丁寧に教えてくれます。
「豆の品種による違いもあるけど、
 高い豆じゃなくても焙煎次第で美味しく飲めるし、
 同じ豆でも入れ方で気分に合わせた珈琲を入れられる」
との事。
彼が焙煎して淹れてくれた珈琲は
コロンビアベースのブレンドでした。
しっかりコクがあって、後味すっきり。
コロンビアって軽くて爽やかすぎる気がしてたけど、
焙煎の腕でこんなに美味しくもなるのね。
最近の私は頭がパンク状態だったので、
久しぶりにゆったりと美味しい珈琲時間。
両親のコーヒー好きの影響か、
私は小さな頃から
ドリップコーヒーを飲んでいました。
親元を離れた今でも、
私の朝はコーヒーで始まります。
マクロビ的観点から見ると、
強い陰性のコーヒーは常食するべきものではありません。
でもコーヒーなしの生活なんて、
私にはありえない!
そこらへんは
「食べたいものは体が欲しているもの」
と割り切れる私。
縛りすぎると辛くなっちゃうしね。
海外へ行ったときも、
コーヒーを必ずチェックしてまわります。
ちなみに私が行ったどの国でも
NESCAFEは売っていたなぁ。
母とのんびりまったりで、
少しリフレッシュ。
実家へ行ったら、
またよってみようっと。
【爽快ドラッグ】ネスカフェバリスタを抽選で3名様にプレゼント!☆ ←参加中

スポンサーリンク