【30分の頑張り】

language:
スポンサーリンク

PICT2196.jpg
これは洗濯機の扉をあけた様子。
中のドラムは凸凹しています。
お洗濯の様子を見ていると、
回転したり、逆回転したり、左右から素早く反転してみたり、
なかなか細かい芸を披露してくれます。
そのおかげか
白い衣料の襟元を見ても汚れが綺麗に落ちている気がします。
そして9kgの洗濯物を一度に洗っても、
30分でその綺麗な状態になるのがすばらしい。
洗ったりすすいだりする時にスピンがかかるのがポイントみたい。
シーツも週に1回は洗いたいし、
1回の洗濯物が増えがちな我が家には嬉しい性能です。
5年半前の結婚当初、
大型電器店にちょうどドラム式洗濯機が登場した時、
店員さんから
ドラム式は水量が少ないから洗濯時間が長いと説明をうけました。
5年ちょっとでこんなに進歩するなんて、
浦島太郎状態です。
ちなみに我が家のお洗濯は週に2~3回。
他にやりたい事も多いし、
仕事をしていた頃に出来るだけ家事負担を減らそうとついた習慣です。
でも、汚れたものを長いものでは3日くらい放置している事になるわけ。
なので以前は襟や袖などの汚れが1回では落ちにくかったり、
タオルの雑菌匂がしたりしていました。
でも今回のコイツが来てからは気にならなくなりました。
30分という洗濯時間の短い時間に
コイツは頑張ってくれているんだなぁ。
そしてこちらは「上質おうちクリーニングコース」で洗った相棒のジャケット。
PICT2293.jpg
襟にシミ取り用の洗剤をつけて
あとは洗濯機におまかせ。
シャワーみたいな水流で優しく洗ってくれるのですが、
きちんとシミもとれました。
相棒は気に入ったお洋服をとにかく着倒すタイプ。
3シーズン着ているだけあって、
襟や袖口の汚れが気になっていました。
いつもは季節の変わり目にクリーニングで染み抜きをしてもらっていたのですが、
これからはお家でできそうです。

スポンサーリンク