【いざ洗濯】

PICT2199.jpg
晴れた日の朝、
早速Panasonic NA-VX7100Lでお洗濯デビューです。
まずは電源を入れて、コース選び。
PICT2215.jpg
とりあえず、「おまかせ」コースを選択。
TVCMでもおなじみの
「衣類の質や汚れを見きわめて、電気・水・時間のムダを省くECONAVI」
が働くのはこのコース。
そして次はこちらの選択。
PICT2213.jpg
水量は自動、
風呂水使用を選びました。
我が家のお洗濯にはお風呂の残り湯を使っています。
世の中には嫌がる人もいらっしゃいますが、
資源を無駄にしちゃいけない精神が私を駆り立てます。
水道代節約を全く考えていないといえば嘘ですが、
世界には清潔な飲み水さえ確保できない人がたくさんいるかと思うと。。。
子供の頃からそこらへんの心意気が妙に強い私です。
それはさておき、
コースを選択していざスタート。
とにかく音が静かなので、
何回も動いているのかを確認しに脱衣所へいってしまいました。
今までの洗濯機の
ズイーンって音はなんだったんだろう。
「きちんとお風呂のお水を吸ってますよ」という演出だったのかしら。
そこで相棒が起床。
自信満々に
「今日は7kg入れてみた」
と言う私に
「乾燥は6kgまでだよ。」
と指摘が入りました。
説明書にがっついていた私ですが、
「洗濯は9kgまで」
というフレーズしか頭に入っておりませんでした。。。
相棒に
「・・・やっぱりあなた、やると思ったよ。」
みたいな目で見られながら、
すすぎに入った段階で一旦停止。
すすぎ+脱水
に設定し直して再スタート!
正直なところ、
ドラム式洗濯機のたたき洗いって
ドタバタうるさいのかなと思っていたのですが、
とんだ見当違いでした。
むしろ扉が2重になっているからか音は静かです。
そして脱水が終了!
ワクワクしながら取り出すと
靴下がクシャってなってない!!!
PICT2177.jpg
パンパンはたかなくてもこの状態です。
些細な事ですが、
ちょっと感動。
靴下以外の物もふんわりした状態で、
シワが少ない様子です。
そのおかげか、
お昼すぎにはすでにお洗濯ものは乾ききっていました。
この洗濯機は
「衣類の質や汚れを見きわめて、電気・水・時間のムダを省く」
というキャッチコピーですが、
乾燥をかけなくても早い時間に乾ききるなら、
お昼に取り込んで、午後におでかけなんて時間の使い方も出来ます。
やりたい事がたくさんあって時間が足りないと嘆いている私には
とってもありがたい!
これがあれば共働きのお母さんも
ちょっとは自分の時間を持てるんじゃないかな。
以前使っていた洗濯機を買って5年しか経っていないのに、
ここまで進歩したなんてすごいな、
としみじみ感じます。
間抜けな私なのですぐにサクッと使いこなせるようにはなりませんが、
これから10年は付き合うであろうコイツに乞うご期待!

スポンサーリンク
スポンサーリンク