野生食

相棒が会社の同僚におすすめされた映画、
「イントゥ・ザ・ワイルド」
恐れ多くも私がノミネートされている
『おいしい映画』にちなんだレシピ大賞!
が開かれている「第2回 東京ごはん映画祭」ではこの映画が
「ある『食』視点からの、傑作たち」
として取り上げられています。
あらすじをざっくりと説明すると、
頭も良くて恵まれた環境に暮らしている主人公。
しかし大学卒業とともに、財産も家族も全てを捨てて
アラスカを目指してひとり旅へ出ます。
文明に毒されることなく自由に生きようと決意した彼は
行く先々で出会いや別れを繰り返し、
最後にはアラスカの荒野に乗り捨てられたバスに着くのだが・・・
というお話。
原作は実話らしい。
私が印象に残っているシーンは
彼がシカを撃って干して食べようとするところ。
撃つところまでは成功するのですが、すぐに虫が湧いてしまって食べられず。
自分が命を奪った鹿を無駄にしてしまったことを
とても後悔します。
野菜でも、豚でも、鶏でも、牛でも
命をいただいて生きているという事を改めて感じるシーンでした。
この映画は
若者のむちゃな逃避行、と言ってしまえばそれまで。
でも「食」に対して感謝の気持ちを感じさせられる
いい映画だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク