探偵はBARにいる

language:
スポンサーリンク

bar.jpeg
映画が1000円で見られる日、
やっとこさ
「探偵はBARにいる」
を見に行きました。
あらすじを簡単にかくと、
すすきので探偵をしている男の元へ近藤京子と名乗る女性から謎の依頼がある。深入りしないようにと思っていたが、無関係と思っていた事件で亡くなった女性の名前が近藤京子と知り…
なぜこの映画を選んだのかって、
松田龍平さんを見たいから。
感想は、私はイマイチ・・・
全体的に緩急がなく、
かといって「かもめ食堂」みたいなユルさもなく。
画の構図も気になってしまい、
例えるなら2時間ドラマサスペンスみたいな感じ??
原作を読み、映像化向きだと思っていたのですが残念。
西田敏行さん、田口トモヲモさん、松重豊さん、とキャストはいいのにな。
監督と演出の重要性を実感しました。
でも映画館ってやっぱりいいな。
たった2時間でかなりリフレッシュできました。
しかも松田さんをじっくりと見る事が出来たので満足です。
そして予告編で流れた
今月末公開の「スマグラー」が気になります。
光島ひかりさん、安藤政信さんと私の好きな俳優さんが出演している映画。
また1000円デーに行ってリフレッシュしてこようと思います。

スポンサーリンク