トルコの街角 (旅行記 その12)

language:
スポンサーリンク

2011-07-10 15.06.05
ちょっとご無沙汰の更新です。
コメント返しができていなくて申し訳ないのですが、
少々お待ちください。
まだ旅行記が3日目までしか終わっていない。。。
ということはあと6日分あるということで、
これもゆっくり更新して行きたいと思います。
1枚目の写真はイスタンブール旧市街の路地裏。
ガラスが割れてごみがたくさん詰め込まれているビルのたもとで
一匹の猫を発見。
トルコの猫は人間が近寄っても逃げたりしないので、
写真取り放題です。
PICT0094.jpg
2枚目の写真は裏通りのあるおうちのドア。
トルコのお家はカラーリングが多様。
ドアが金だったり、壁がエメラルドグリーンだったり。
そしてイスタンブールの裏通りに一本はいると、
使われていない様な寂れた建物がたくさんあります。
そして日本だったら危ないからと、すぐに取り壊す様な建物もそのまま。
不思議といい雰囲気に感じてしまいました。
そして次は癒し写真を2枚。
2011-07-10 17.28.44
PICT0089_20110823201726.jpg
トルコって至る所で犬が死んでるかのように寝ています。
フェリー乗り場などの人が多い場所でも平気で寝ているし、
近づいても気づく様子はなし。
飼い犬でもなさそうなので、触るのは控えましたが
見てるだけで癒されます。
2011-07-10 19.49.21
5枚目の写真はお菓子屋さんのショーウィンドウ。
バクラヴァやポアチャ等、あまーいお菓子がたくさん。
たいがい写真の様な金属バッドの上に並べられています。
そしてどれもkg単位での購入が基本。
お酒が禁止されているイスラム世界で
みんな甘いお菓子に癒しを求めているのね。
PICT0128.jpg
そして最後の写真。
トラム(路面電車)沿いのメイン通りの歩道に体重計がポツン。
これが噂に聞いた、体重計かとビックリ。
私はテレビで見て知ったのですが、
発展途上国では一般家庭に体重計がそんなにないので、
体重計を貸して商売をしている人がいるんです。
他にも露天でハンディミシンを売っていたり、
「これで生計たてられるのかしら??」
と思ってしまう様な商売をしてる人がちらほら。
やっぱりトルコって面白い!

スポンサーリンク