石釜ドーム vs ビストロ

language:
スポンサーリンク

PICT0667.jpg
突然ですが、石釜ドームER-GD500とビストロNE-R3400の焼き比べです。
震災後、2回目のパン焼きということもあり
成形がいつにも増してひどいですが
そこはどうかご勘弁を。
両方とも同時に作業しているので
パン生地、発酵の仕方、などの条件は全て同じです。
・酵母はベターホームの天然酵母(果実種。いただきもの)
・粉はリスドオルとオーベルジュを半分づつ、
・油分なし
・表面に霧吹きをして、手動で220度18分焼成
1枚目の画像では
 上:ビストロ
 下:石釜ドーム
PICT0674.jpg
2枚目の画像では
 左:ビストロ
 右:石釜ドーム
明らかに違うところは
・余熱にかかる時間
  正確な時間は測っていませんが、
  石釜の方が早く余熱完了。
  庫内温度はどちらも設定通りでした。
・焼き色
  石釜の方が焼き色が薄い。
  ビストロの方が焼き色が濃い。
・底面の焼き色
  写真を撮るのを忘れてしまったのですが、
  両方ともあまり差はありませんでした。
・高さ
  石釜の方が高く膨らむ。
  ビストロの方が高さは出ない。
・クラムの厚さ
  石釜の方が薄い。
  ビストロの方が厚い。
・食感
  石釜の方がふっくら。
  ビストロの方がガッチリ。
こんなに差が出るとは思いもよりませんでした。
要はビストロの方がパワーがあるということなのかな。
単純にビストロは庫内天井に電熱線があるから上火が強くて
上面の焼き色が強く出るのかもしれません。
次回は食パンなど柔らかいパンで焼き比べしてみようと思います。
久しぶりに自作の焼きたてパンを頬張ったら
かなり幸せになりました。
最近、いつもと変わらず食べているのに
なぜか体重がグンと落ちてしまったのですが、
パンを焼き続けたら元に戻せそうです。
お米も美味しいけど、
やっぱり私はパンが好きだと再確認。

スポンサーリンク