日本の宝

PICT0743.jpg
稲刈りをした翌日、
「山がみたい」
とずーっと言い続けていた私を見かねて相棒がドライブへ連れて行ってもらいました。。
ぐるっと回ってきたのですが、
山中湖からは富士山が見えました。
頭に雪化粧をしているときとは違って、秋の雲が妙に神秘的。
仙人が出てきそうです。
あとは朝霧高原のすすき野原。
黄金色のじゅうたんが波打っています。
こちらはバイクで駆け抜けたので写真がありませんが。
相棒の趣味はバイク。
まっ黄色の1000ccがやっと先週納車されました。
「黄色を買うなんて、前の俺だったらありえないな。
 あなたの影響だよ。」
との事。
お洋服などに興味のない相棒は
結婚前に自分で買ったお洋服は黒や茶がメインでした。
しかし結婚してからは緑など鮮やかな色も着るようになりました。
といっても相変わらずお洋服に興味はないので、
着るものがなくなった時に私が作ったり、
ついていったりするからなのですが。
肌の色がくろめで、もともと老けて見える相棒なので
明るい色を着た方が絶対にきれいだと私は言い続けています。
もう少しこだわった格好をしてくれたらいいのにな。
ないものねだりです。
そしてバイクの後ろに乗るというと
「こわくないの?」
と聞かれる事がよくあります。
正直、緊張しっぱなしです。
後ろについているバーを握りしめ、膝で相棒の胴体を挟むのが基本ポジション。
車種によって乗りやすさが結構違い、自分の体型との兼ね合いもあります。
今度のバイクはスポーツタイプなので、
相棒より私の座る位置の方が高い。
だから前のバイクと比べて視界が開けているので楽しいのですが、
風圧がもろにかかります。
高速にのると、風切り音しかしません。
前からの風圧、そして斜め後ろからの巻き込みの風圧。
そして転んだり投げ出されてしまったら一巻の終わりなので、
マイクをつけています。
昨日はガソリンスタンドに寄った際、店員のおじいさんに
「赤い糸じゃなくて、黒い糸でつながれてますよ」
と言われたのですが、フルフェイスのヘルメットをしている私はよく聞こえず、
曖昧な笑みを浮かべて流してしまいました。
あぁ、悪い事したな。
昨日は帰りに高速に乗ったのですが、
帰ってみたらつけまつげがまぶたにペトッと張り付いていました。
ヘルメットのシールドをほんの少しあけていただけなのですが、
風圧に耐えきれなかった様子。
つけまつげは小さなタイプをつけるだけで、
顔が少しはっきりとするので最近愛用中です。
毎日つけなければかぶれたりもなく、
短時間で付けられるのでおすすめです。
ただやはり地まつげのケアも重要。
肌に優しい成分を使った商品を試してみたら、
ちょーっと効果を感じられました。
しばらく使い続けてみようっと。
【グランフィクサー】まつげ眉毛美容液ファンサイト参加中

スポンサーリンク
スポンサーリンク