【黒豆しぼりの作り方】

今日は私のおやつについて。
写真は黒豆煮。
お菓子の材料として使うこともありますが、
この日は自分のおやつとして、黒豆しぼりを作ることにしました。

まず黒豆しぼりとは何か。
皮がシワシワして、表面が白っぽくなっている甘納豆みたいなお茶菓子のこと。
名前こそ知らなくても、多くの人は口にしたことがあるだろう昔懐かしいお菓子です。

私の簡単な作り方をご紹介します。
まずは黒豆煮の水気を切って、バットに並べます。(1枚目の写真)

黒豆煮は市販のものでもOKです。
お豆が重ならないように並べて天日干しします。
1日干した後の様子がこちら。

水分が少し飛んで、皮がシワシワし始めました。
日が落ちたら取り込んで、また翌朝から天日干し。
2日間干した後の様子がこちら。

触っても水気はなく、お豆もぎゅっと締まっています。
本来は保存性を高めるためにお砂糖をまぶして出来上がりですが、
私はこのまま冷蔵庫に入れて保存していますが、1週間くらいは美味しく食べれます。

ご飯の準備をしようと冷蔵庫を開けて発見して一粒食べて、
飲み物を飲もうと冷蔵庫を開けて発見して一粒食べて、
果物を食べようと冷蔵庫を開けて発見して一粒食べて。。。
その存在を忘れてしまっている分、見つけた時の喜びはひとしおです。

市販の豆煮なら気軽に作れるので、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク