【8年目の梅漬けイベント】

language:
スポンサーリンク

6月の下旬のお話。
毎年恒例、友人主催の梅干しを作るイベントがありました。
1枚目の写真はイベント前の準備の様子。
いつものお手伝いメンバーと梅農家の前田さんです。
そしてこの日用意された梅がこちら。

前田さんの梅と、一番奥にあるのが宮本さんの梅。
しっかり熟して黄色くなっています。

イベントの中では梅干しを漬ける他に、梅に関する知識や、前田さんのお話などが堪能できます。
こちらが前田さん。

毎年和歌山から参加してくださっています。
梅の質がいいのはもちろんのこと、わざわざ東京まで来てくれるその姿勢に私は心打たれるのです。
SNSやskypeなどはなれていてもコミュニケーションはとれるけれど、やっぱり直接会うのが一番。
ちなみに、Tsucuriteで春にだしたキャベツケーキのキャベツはこの前田さんのキャベツですよ!

この日漬けた梅干しは10月13日にお披露目となります。
梅を使ったお料理を食べて飲むのが今から楽しみだ!
ひとまず主催のピラリー、前田さん、お手伝いの忍さん、バネちゃん、会場のダブルトールさん、そして参加者の皆さん、
お疲れ様でした!!!

ここからは余談。
毎年イベント開始の1時間ちょっと前に、友人たち数人でお手伝い(遊びに行っているともいう)のために集まるのですが、
今年は会場に到着した途端
「こわっ!誰が来たのかと思った!」
と言われました。
サングラス、ターバン、アオザイみたいな形の白シャツ、絨毯みたいな模様のパンツ、スーツケース姿が何者とも言えぬ風貌だったらしい。
わかる、家を出る前、自分でもちょっとキテるなと思ったのは認めるよ。
ある意味、その怪しさが
「完璧だな。」
と思ったもの。
でも一つの話題提供になるなら、それでいいかと判断した私。

皆さん、誰にも声をかけられたくない時、渋谷の街を歩く時にオススメの格好ですよ!

スポンサーリンク