【月餅】

5月から登場した月餅。
最初は台湾で買ってきた木製型を使っていましたが、
大量に作るには使いづらいので(皮が型の模様にくっついてしまう)、業務用のもの(?)を中国から手に入れました。

その第一弾が写真の月餅。
模様がはっきりと出ています。
そして焼き上がりがこちら。

卵液を塗らないので焼き色が淡めです。
中身がこちら。

自家製の大豆あん。
油脂はかなり少なめ、そして水分が多いと焼いている途中で破裂してしまうので、
かなり固めになるまで水分を飛ばしています。
いわゆる月餅のねっとりした中華あんとは違って、
ほっくりしたあんこです。

月餅は今週末の鬼子母神手創り市、来週末の台北×東京でもご用意する予定です。

月餅作りに夢中になっている私に
「もっと売れそうな(一般ウケしそうな)お菓子を作ればいいのに。」
と相棒は言います。
それは正論かもしれないけれど、
月餅は一般的にちやほやされるお菓子でないけれど、
本当に美味しいと思える” 月餅 “を作れたら、それはそれで需要があるんじゃないかしら。

そう思いながらも、
「パイっぽいお菓子も面白いかも。」
と次の題材をしっかり書き留めたのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク