【北海道はアスパラガスの季節】

language:
スポンサーリンク

写真は5月に相棒が出張先の北海道で買ってきてくれたアスパラガス。
付属の説明書きによると、
グリーンはさっと茹でて、ホワイトはしっかり茹でて(苦味を取るためらしい)、紫は生のままで食べるのがオススメだそう。

ひとまず並べて写真を撮っていましたが、

なんでも匂いを嗅ぐのりつんですが、これは興味がないらしい。
そして早速お昼に食べてみました。

お箸のごとく、お皿の上に乗せてみました。
紫は生のまま、緑はさっと茹でました。

味はというと、いわゆるアスパラとは別物。
臭みがなくて、ほんのり甘くて、とにかくジューシー。
スーパーで売っている輸入物のアスパラとは完全に別物です。

生のまま食べた紫も美味しかったけれど、
後日さっと茹でて食べた方が甘みが増して美味でした。
茹でるとアントシアニンが抜けて緑色になってしまうから、紫色を生かすには生で食べるべきですがね。

ちなみにホワイトは茹でて、さっとにんにくオイルで炒めていただきましたが、これまたジューシーで美味でした。

最近相棒は毎月北海道へ出張に行っています。
我が家はお土産を買う習慣がないので、これまで気にしたことがありませんでしたが、
北海道のお野菜の旬が気になってきたぞ。
「お菓子なんかより、こっちのほうがいいでしょ。」
という相棒。
間違いない、でも私がお菓子屋だということもお忘れなく!

スポンサーリンク