【既視感】

language:
スポンサーリンク

写真はある日のちーちゃん&のりつんペア。
彼らはいつも違う表情を見せてくれるので、こちらも常に新鮮な気持ちで彼らと接しています。

今日は最近感じた” 既視感 “について書こうと思います。
先日とあるイベントに参加した時のこと、私は既視感のようなものを感じました。
数年前に同じようなイベントに参加したのがその理由でした。
この既視感はプラスではなく、少し退屈な感覚でした。

先日あるアーティストのMVを見たときにも既視感のようなものを感じました。
なぜかというと、そのMVにはそのアーティストの過去のMVに出ていた小道具やシーンがちりばめられていたから。
それに気づいた瞬間に私のテンションは上がり、この既視感は私にとってプラスに働きました。
がしかし、その直後に
「テンション上がったけれど、私は彼の新境地が見たかったな。」
と少し残念な気持ちになったのも事実です。

自分の視点次第で同じものでも新しく見えたり、退屈に見えたりするのも承知ですが、同じ既視感でもプラスに働くこともあればマイナスに働くこともあるよう。
どちらに働くかは自分の見方次第ですが、この2つの経験を通して、
「新しいものを見たい、もっと創造力を掻き立てられたい。」
なんて気持ちが私の根っこにあることを再確認しました。

そして今の私は
「もっと刺激が欲しいー!」
と外向きな視点ではなく、
「一旦落ち着いて、自分を見つめ直したい。」
という時期が来ているようです。

猫たちを見ながら、そんなことを考えています。

スポンサーリンク