【お年賀缶の中身】

language:
スポンサーリンク

今日は、現在ご注文受付中のお年賀通販について。

11月頭まで、12月の通販はクリスマスのみのつもりでいました。
クリスマスの案を悩み、悩み、その時ふと私の頭の中に
「吹き寄せを作りたい」
と浮かんできました。

吹き寄せとは干菓子を何種類も詰め込んだ箱。
木の葉が風で一箇所に吹き寄せられるさまに見立てて、その名前がついたらしい。
そこで私が好きな小さなクッキーとクリスマスツリーを詰め込んで、
Tsucurite版クリスマス吹き寄せを作ろうと試作を開始しました。

一つの空間にみっちり詰めるので、香りがうつりやすいようなカレーなどのフレーバーはなし、
そして開け閉めして空気に触れる機会が多くても味の劣化が少ないレシピに改良。
クッキーはいつもより軽めの食感に仕上がりました。
缶の中にツリーに見立てた、人気のチョコサンドビスを入れて、この小さなクッキーを入れてクリスマス缶の出来上がり。
カナダで見た、埋もれるように生えている大きな木々のようだなと自画自賛。

そこで終わりのつもりでした。
しかし毎年お客さんからお年賀のお菓子のご要望があったので、
それならとテンションが上がった私は松の形のクッキー型を作り、お年賀缶も作ったという流れです。
こちらは日本の自然をイメージ。
豪快さはないけれど、左右対称な松の葉の文様に滋味深い日本らしさを込めました。

お年賀缶は賞味期限も長いので、お正月の小さな手土産にもオススメです。
あー、なぜかこの写真を見るとテンションが上がる自分がいます。
淡い色合いと、この松の形が妙にしっくりとくるぜ!!!

お客さんからのご意見ももちろん大切ですが、
自分がいいと思うものをそのまま作れた自分が誇らしく感じられる今日この頃です。

スポンサーリンク