【カナダその18 バンクーバーのお散歩風景】

今日はバンクーバーの町歩きについて。
バンクーバー市内の交通手段はバスか電車です。
どちらもわかりやすく、初めての人でも利用しやすいはず。
バスでの移動は難易度が高そうですが、バス停名を音声と電光掲示板で知らせてくれるし、路線名が数字2ケタでしっかり分かれているので安心。

しかし私は歩くのが好きなので、移動は徒歩がメインでした。
荷物が少なくて、片道1時間以内の距離なら徒歩。
歩きながらいいアイデアが湧くことも多いし、ストレス発散にもなるしね。
今日は街歩きで私が目にした光景をまとめようと思います。

1枚目の写真は私が住んでいたエリアからダウンタウンへ渡る橋。
車道の脇に歩道も付いているので、歩いている人もしばしば。
ちなみに電線のようなものはトロリーバス用のものです。
歩いている途中にこんな光景にも出くわします。

犬のお散歩。
でもこの犬たちは彼の飼い犬ではなくて、彼は犬のお散歩の仕事をしている人だそうな。
バンクーバーでペットを飼うのはリッチな証拠だそうで、
このように犬のお散歩が仕事として成り立つらしい。
喧嘩しないで、おとなしくお散歩していました。

そしてこんな光景も。

建物が日本のものとは少し違う印象です。
そして橋を渡り、

橋の途中の門をくぐり、

ダウンタウン側に着く少し手前には工事中の建物がありました。

なんだか模型みたいで不思議。
近くに寄ってみると、

バンクーバーは地震がないので、横揺れを考慮していないため、柱の部材の上に床面を載せている構成になっています。
だから地震大国の日本に住む人からすると、不思議に見えるというわけ。

ちなみに1枚目の写真からもわかるように、
ダウンタウン側、特に川沿いの辺りは高層ビルの建設ラッシュです。
用途は住居。
ただでさえ住宅の価格がベスト3に入るほど高いバンクーバーで新築高層マンションを買える人ってどんな人なんだろう。
需要があるから建設ラッシュなんだろうけど。。。
そして友人のカナディアンに聞いてみたところ、
「この数年で多く移民してきている中国の富裕層が買うんだよ。

とのこと。
町中には超高級スポーツカーに乗った中国系の顔をした20代若者がたくさんいるわけだ!
どこの国に行っても、同じようなことが起きているんだね。

そしてダウンタウン側にはこんなものもあります。

レンタル自転車。
スタンドがたくさんあって、どこから乗ってどこへ返してもOKというシステムです。
そしてこちらは図書館。

円柱状の建物の前でくつろいでいる人がちらほら。
中心部から少し離れた場所にありますが、治安も良くのほほんとした雰囲気です。

そして町中の至る所で見られるのがこちら。

ポスト。
よく2つ並んで設置されているのを目にしましたが、なぜかは不明。
日本の赤いレトロな郵便ポストもかわいいけれど、
こちらもなかなかオシャレです。

こんな風景を見ながら、私はファーマーズマーケットに通っていました。
バンクーバーのダウンタウン中心部は新宿みたいな印象ですが、
少し離れると空が開けていて素朴な街並みが広がっています。
これからバンクーバーに行かれる方は是非、お散歩を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク