【愛知県の食べ物】

language:
スポンサーリンク

私は月の半分を相棒のいる常滑、残りを東京でお菓子屋として過ごしています。
常滑と東京はいうまでもなく異世界ですが、どちらも違う魅力を持っています。
例えば産直のお野菜。
東京でも産直のお店はあるけれど、私が通っている鬼崎グリーンセンターという産直は小さいのに種類が豊富で安くて美味しい。
写真からその安さはわかると思いますが、新鮮で味も美味しいのが伝わるかなぁ。
東京へ行く前には野菜室を空っぽにしていくので、
常滑に帰ってきた翌朝、産直へ行ってお野菜をたんまり買って帰ってくるのが楽しみの一つと成っています。

そして、これをご存知だろうか。

オリエンタルマースカレー。
愛知ではどのスーパーでも見かけるカレールーです。
中身は粉末状のカレーと小さなボトル入りのチャツネ。

味は甘めだけどスパイスは聞いていて美味。
しかも粉末だから使いたい分だけ使えるのも魅力です。
調べてみたら、愛知県のメーカーで昭和30年代から発売されている商品だそう。
きっと愛知県民の懐かしの味なんだろうな。

その他にも、スーパーの味噌コーナーがとても充実していたり、
お魚の練り物コーナーが充実していたり、
お惣菜売り場に味噌カツがあったり、
” 生せんべい “という和菓子がはびこっていたり、
よく見ると東京とは違うところが見えて面白い。

常滑に来て4ヶ月目。
やっと周りを見る余裕が出てきたようです。

スポンサーリンク