【猫から学ぶ女らしさ】

language:
スポンサーリンク

猫たちと暮らし始めて3ヶ月。
写真のちーちゃんはその間に子猫を5匹産み、毎日子育てに励んでいます。
たまに1Fのキッチンに来てのんびり自分時間を過ごしている様子を見ると、ついつい
「お疲れ様」
と声をかけてしまいます。

こちらのちーちゃん、とても警戒心が強い方。
もしかしたら小さな頃は飼い猫で、何か怖い体験をしたのではないかと推測しています。
おもちゃのピンポン球を転がしてもスルー、
ヒラヒラしたものを目の前にちらつかせても見えないふり、
ちょっと近づきすぎるとシャーっと威嚇されてしまうのでお食事以外ではコミュニケーションを取れずにいます。
でもこんな寝姿を見せてくれるようになったのは、少しだけ信頼を得られた証。

話が脱線してしまいましたが、
こちらのちーちゃんは女性らしい方。
相棒も
「ちーちゃんは女子女子してるよね。」
と。

今日はそんなちーちゃんの女子らしさについてまとめてみました。

ちーちゃんから学ぶ女らしさ

1、冷静で騒がない。

彼女は警戒心が強いので、近づきすぎるとシャーっと威嚇しますが、それ以外で騒いだり怒ったりすることはありません。
子猫たちがはしゃいでぶつかってきても、子猫たちがおっぱい争奪戦を繰り広げていても、いつも冷静。

2、動作がしなやか。

動きが丁寧でしなやか。
床に転がる時はゆっくりと横になり、眠りに落ちる時は首が徐々に傾いていく。

3、鳴き声が色っぽい。(時折ハスキーボイス)

弱めの語調の「ニャー」の色っぽさったらありゃしない!
私は毎朝聞いていますが、その度に色っぽさと艶っぽさを感じてしまいます。
動画を撮ってみたのでご紹介。
ちょっとは伝わるかしら。

4、品がある。

尻尾は流れるように動き、足音は立てずに歩いてきます。
キッチンに立っていて、気付くと後ろに佇んでいることもしばしば。
写真はシステムトイレに慣れてもらう過程で使っていたトイレに座る彼女。
用を足した後もおとなしく砂をかき、周りを汚さないように配慮するという品の良さ!(それは私たちの思い込みともいう。)

5、隙がある

階段を下りる時の後ろ姿、彫りの深い目元についている目やに、すっとぼけた寝姿、
いつものクールさとのギャップにノックアウトされてしまいます。

6、慌てたりもする

子猫たちが走り回るようになった頃、彼女はよく
「キュルキュル」
という鳴き声を発していました。
それは不慮の事態が起きた時に発する鳴き声だそうで、その声を出しては慌てた様子になっている彼女を度々目撃しています。
そんな時に息子猫りっくんがしっかりと行動している様子を見ると、
それもちーちゃんの女らしさだなと思うわけです。
私ですら守ってあげたくなるもの!

7、食に対して貪欲である。

彼女はちょくちょく私のいるキッチンに来て、しっとりと私の後ろに控えて、食べ物が出てくるのを待っています。
私がお料理をしている時にも、後ろ側からぴったりマーク。
子猫たちにミルクを持って行った時には、ものすごい目力で子猫をかき分けてミルクの方へ向かってきました。
人間同様、女性は食に対して貪欲ですな。

相棒は
「あなたとちーちゃんは似てるよね。合ってるよ。」
というけれど、似ているのはクールさと間抜けさ。
この女らしさは私にはないと断言できます。

ちーちゃんを見ながら、女らしさを学ぶ。
それだけでなく、猫たちから学ぶことはたくさんあります。
平凡な毎日にいろんな発見があるのは彼女たちのおかげですな。

スポンサーリンク