【猫と暮らし始めました】

language:
スポンサーリンク

今回の常滑へのお引越しは、私にとっては初めての事だらけ。
東京都外に住むこと、一軒家に住むこと、そしてペットと共に暮らす事。

相棒が常滑で単身赴任をしている頃、家の近くで友達になった野良猫2人が會田家に加入しました。
1枚目の写真左側がりっくん、右側がチーちゃん。
(お名前は餌をあげていた猫おばさんから由来します。)
今の家を探す時もペット可の物件で絞って探し、ひとまず無事に連れてこれてよかった。
相棒よ、お疲れ様!

この2人は元野良猫なので人に慣れていません。
実家でずっと猫と暮らして来た相棒ですら、普通に触る事が出来ない状態からのスタートです。

写真からも伝わってくるように、だいぶ警戒していています。
慣れない私が仲良くなるハードルは高く、最初の2週間くらいは、
私が歩いていると蜘蛛の子を散らすように逃げ惑い、近づいたらシャーっと威嚇され、
エサをあげる時には引っかかれたり。(目の前のものに猫パンチをするのは、狩の本能らしい。)

頭では猫たちとの壁がベルリンレベルだと腹をくくっていても、心が折れかけました。
人間関係ではこういう悩みを抱えないタイプなので、” 再婚相手の連れ子と仲良くなれない “と悩む人の気持ちがほんの少しわかった気がしたほど。
ある日、爪を立ててひっかかれた私を見た相棒が、
「ちーちゃん、由衣ちゃんの事を引っ掻いちゃダメだよ。ゆいちゃんがこの家を綺麗にしてご飯を作ってくれてるんだよ。」
と諭していました。
私は好きでやっているだけだから恩を着せるつもりはないけど、とにかく触れるようになりたい!

それから2週間くらい経ち、徐々に雪解けが季節がやって来ました。
「この人はよく台所にいて、ニャーって言ったらご飯をくれる人だ。」
と認識され始め、ご飯を食べている時に触れるようになりました。
3週間経った頃には朝起きると、
「朝ごはんの人が起きて来たぞ。」
と言わんばかりに後ろをついてくるようになりました。

まだおっかなびっくりで、普通に触ったり接することはできないけれど、相棒のアドバイスもあり、だいぶ気持ちが通じてきたはず!

今日は猫と仲良くなるために私が行ったことをまとめてみようと思います。
想像以上に最初はしんどかったので、同じような人のヒントになればこれ幸い!

猫たちと仲良くなる術

1、目を合わさない

人間でも猫でも、私は相手をじっくり観察してしまう癖があります。
ただ仲良くなっていない時に視線を合わせることは「敵意」の意味だそう。
というわけで、目が合ってしまった時は目をつむる作戦を取っています。

2、アプリを使う
相棒が以前使っていたアプリ ” TocTocCat “。
「ありがとう」「お腹すいた」などを表す猫の鳴き声を鳴らせるアプリです。
実際に通じているかは別にして、
「この子はこの鳴き声に対して反応がいい。」
とわかりやすく反応が帰ってくる鳴き声があります。
鳴らしながら、猫の反応を見つつ、私も鳴き声を練習しました。
今は猫たちがニャーニャーと話しかけて来た時に私も鳴き声で返しています。

3、近づくときは後ろ向きで
相棒伝授の技。
猫界で背中を見せることは、気を許している事を意味するそう。
近づきたいとき、そばを通りたいときは後ろ向きにじわじわと動けば猫達が驚く事も少なくなりました。

4、話しかける
挨拶はもちろん、
「りっくん、これどう思う?」
「ちーちゃん、ついて来てもご飯はもうないよ。」
「Are you hungry?」
と人間と同じように話しかけています。
効果があるかはわからないけど、コミュニケーションを取ろうとすることは敵意がない事であるのは猫も人間も共通かなと思うわけです。

5、観察する。

何よりもこれが一番大事かなと思います。
この子は何に興味を持っているのか、この子がこの行動を見せる時はどういう時なのか、この子は何が嫌なのか。
ちなみにチーちゃんは壁を見上げて観察していることが多いのですが、何が気になっているんだろう。

ちなみにこちらがトイレ待ちの行列。

チーちゃんは綺麗好きだから、りっくんの後に入るのは嫌だろうな。
そして後でわかったことですが、彼らはシャカシャカ音がするようなナイロン系の生地がこすれる音が嫌いらしい。
私は上下ともナイロン系の家着だったのですが、相棒とその事実に気づき、翌日から上下ともに綿素材にしたら彼らの接し方が変わりました。
この好き嫌いは個人差が大きいようなので、随時観察して見極めないと!

6、触る時は背後から。

相手の視界に入る位置から撫でようとすると、彼らはとても警戒します。
爪でシャーっとやられるのも、前から手を出してしまった時が多い様子。
そこで触る時は彼らの視界に入らない背後の位置から手を出して撫でます。
最初はビクッとしたりするけれど、優しく撫でていれば問題なし。
嫌がったら深追いはせず、さっと引くのもポイントです。
猫の尻尾があんなに硬いものだとは知らなかったな。


そんなこんなで3週間が過ぎ、やっと猫たちと仲良くなれる兆しが見えてきたところで、私は東京へ仕事をしに来てしまったのですね。。。
私がいないうちに大きな展開もあり、常滑で再会するのが待ち遠しい日々です。
今まで犬派と言っていた私ですが、もはや犬とか猫とか関係なく、私は二人に会いたいのである!

スポンサーリンク