【Common Lifeさんと私】

language:
スポンサーリンク

写真は昨年末、CommonLifeさんでいつも人参パウンドを買ってくださっているママさんからご注文頂いた人参ケーキ。
お子さんにアレルギーがあって、市販のケーキは食べられないからということで作らせていただきました。
後日、お母様に
「家族でケーキを囲めるだなんて思っていなかったから、とても嬉しかったです。」
と仰っていただき、その傍らで人参パウンドを頬張っているお子さんがいて、
私はとても幸せな気持ちに浸れました。
それもこれもオーナーのdeco.さんのおかげ。

そんなCommon Lifeさんへの毎週納品は2月いっぱいで終了いたしました。
(28日納品分はまだ店頭に並んでいます!)
かれこれ3年半、毎週ありがとうございました!
これからは引き続き奇数月に開催される新丸子の路地裏マルシェでお世話になる予定です。

出会ったのは3年半ちょっと前の養源寺手創り市。
「こういうお菓子を探していたんです!!!」
とdeco.さんが目をキラキラさせて声をかけて下さったのが最初の出会いでした。
当時の私は文房具カフェへの卸しとイベント出店で手一杯で、新規の卸しはお断りしていたのですが、直感的に
「後日この方から連絡が来たら、是非やらせてもらおう。」
と決めたのを覚えています。

ワークショップをさせていただいたり、マルシェで被り物をさせていただいたり、プライベートで素敵な飲み仲間とともに飲みに行ったり、
公私ともにdeco.さんに大変お世話になっています。

そんな中で私がCommon Lifeのdeco.さんに惹かれた理由がわかってきました。
「deco.さんのまっすぐさ」
です。
取り扱っている商品は彼女が本当に好きで選んだもので、
好きな理由は見た目だけじゃなく、それができた背景も込みで、
お客さんのご要望にとても親身にお答えしていて、
そして何より、Common Lifeの運営を心から楽しんでいる彼女。
大変なことや、辛いことがたくさんあっても、
「楽しんでいこう!」
という意気込みが感じられます。

そんな大好きなCommon Life さんへの毎週の卸しを終了させていただこうと思ったのは昨年11月。
夏頃から考え始めて、自分の中で決心できたのがその頃でした。
決して嫌になったわけではなく、本音を言えば辞めたくないけれど、この先の展開を考えての決断。
しかしなかなか言い出せず、お伝えできたのは12月末の忘年会でした。
私の急な申し入れにもかかわらず快く受け入れてくださり、
「全部を手に入れることは難しいけれど、一つ手放すと新しいものが入ってくる。」
というお言葉まで頂きました。
年齢も近いのに、肝の据わったカッコイイお姉さんです。

こう見えて私はルーティンが変わることに抵抗しがち。
旅行など短期的な変化への対応は簡単にできるけれど、ベースが変わることに対して不安が伴うタイプです。
しかし今年の私のテーマは” 流れに身をまかせる ”こと。
軸がぶれないように自己主張をすることはもちろん大事だけど、
プカプカ浮いて流れてみたら、新しい自分の可能性が見えてくるんじゃないかと思っています。
今までの私にはなかった考え方です。

毎週納品しない分、その時間でもっと新たな経験をして、人間力をつけるぞー!
そしてマルシェでは渾身のお菓子を出すことを誓います!

このお店を通して、いろんな方と知り合うことができ、楽しい経験も沢山させていただきました。
Common Lifeさん、そしてお客様、これからもずずずいっとよろしくお願い致します。

スポンサーリンク