【2016年の収穫】

language:
スポンサーリンク

img_1888

2016年も終わり。
このブログで年末のご挨拶をするのも8回目です。

写真は1年前のクリスマスに撮った写真。
私の仕事でパンパンで、完全に戦闘態勢に入り込みすぎていたのを見て、
相棒が家の近くにできたカフェへ連れて行ってくれた時に撮った写真です。
あっという間の1年だと思う一方、
あれからまだ1年なのかと思うほど濃い1年になりました。
今年は
「自分の事がちょっとわかった一年」
「ちょっと素直になれた一年」
でした。

何をしたら楽しいのか、
どんな物に魅力を感じるのか、
どんな人といたら楽しいのか、
どんな自分が好きなのか、
など。

相棒が愛知県の常滑に単身赴任になった事が、そんなことを考える大きなきっかけになったようです。

そして小さな頃から” 冷静でクール。言い換えれば冷たい “と定評のある私ですが、
シャーっと叫んで喜んだり、
思いっきり怒りをぶつけたり、
「間違ってたな。」と反省したり、
感謝の気持ちに満ち満ちたり、
自分の感情を素直に受け入れた1年でもありました。


それまでだったら、ぐっと我慢して感情を出さずにいただろうことを表現したら、
我慢する必要のないところまで我慢していたんだなと気づくこともできました。
自分で自分を不自由に縛り付けていたなと。

そんな2016年を過ごして大切だと思ったことは
「優先順位をつけて判断すること」
「素直でいること」
「自分を許すこと」
の3つ。
体は一つで、時間も有限だけど、やりたいことは沢山ある。
だとしたら、きちんと優先順位をつけて、後悔のない選択をしていきたいなと思うわけです。
現状や今までの成果に固執せず、その時一番ベストだと思う選択をすべし。
そしてあれこれ考えすぎず、自分の気持ちに素直でいる。
加えてそれを素直に周囲に伝える。
言うは易く行うは難しですが、しっかりと心に刻まれました。

自分を許す事とは、
自分の弱いところも受け入れて認めるという意味です。
私は自分に負けるのが嫌なので、やると決めたら猪突猛進するタイプ。
それが吉と出ている場面も多くありますが、それと同じくらい凶と出ている場面もあります。
だから時には自分の弱さを認めて受け入れて、肩の力を抜いてもいいんじゃないかなと。

2017年はちょこっと違うスタイルのTsucuriteになる予定です。
こう見えて私は変化に戸惑うタイプなのですが、それを宣言した私に
「その方が絶対にいい。」
といった相棒の言葉を信じています。

最後に、
今年もTsucuriteと私を応援してくださった皆様、ありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願い致します。

スポンサーリンク